web analytics

青柳優馬 札幌で三冠挑戦!C.C最年少優勝から初戴冠なるか!?

全日本
スポンサーリンク

青柳優馬 チャンピオンカーニバル最年少優勝

5月4日後楽園ホール大会 チャンピオンカーニバル 優勝決定戦。

連覇を狙うジェイク・リーを破り、青柳優馬がチャンカン史上、最年少優勝を達成!

 

あの怪物・ジャンボ鶴田の記録を更新した訳ですからこれはスゴイ!

正直、毎年、最年少と言われつつも優勝できないんだろうなと思ってましたが、下馬評を覆した上で、サイコー王者 宮原健斗に挑戦状を叩きつける。

優勝決定後に宮原を呼び出し三冠挑戦表明しましたが、その時のやり取りも中々に面白いものがありました。

青柳は本気でジャーマン狙ってたと思われますが、宮原がこらえた後に、オールジャパンジョークと言って盛り上げる(笑)

 

ここにきて全日本プロレスも50周年らしさと盛り上がりを見せ始めた気がします。

・後楽園ホール還暦祭でのメインイベント。

新日本プロレスと全日本プロレスの選手同士、棚橋、宮原組とタイチ、ジェイク組がミックスしての白熱した試合。

・暴走専務・諏訪魔のいい人宣言(笑)

・そして、青柳兄弟の兄、優馬がチャンピオンカーニバ初優勝。

5.15札幌大会2連戦の大トリ!北の大地で王者宮原の三冠王座に挑みます。

宮原の実力と存在感の牙城はかなり高いですが、ここを超えたら新たな全日本プロレスの景色が見えてきそうです。

自ら、”(CC優勝が)違和感しかない、全日本プロレスをカオスな団体にする” と豪語する青柳優馬。

群雄割拠の日本プロレス界の中で、新日本プロレス、NOAHと共に今もメジャー団体と言われる全日本プロレスだけに、ここから50周年の歴史を見せてくれるのか要注目です!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました