web analytics

【天空戦記シュラト】 感想 作画崩壊なければ最高に面白い!!

アニメ
スポンサーリンク

シュラトの世界観も音楽も声優も最高水準

本放送 1989年4月-1990年 全38話+総集編2話

主題歌「SHINNIG SOUL」「Truth」

テレ東で放送されていた “天空戦記シュラト”を知っている人はあまりいないかもしれません。

ストーリー構成は、シュラトと親友のガイが異世界に転生し、シュラトがいるデーヴァ神族と、ガイがいるアスラ神族との天空界の覇権をめぐる戦いが軸となっている。

 

聖闘士星矢と比べれらることが多い作品である “天空戦記シュラト”

聖矢はギリシャ神話、シュラトはインド神話がストーリーの根幹となってます。

 

八部衆というデーヴァ神族最高の戦士達。

八部衆は、聖闘士星矢に例えれば、最強のゴールド聖闘士、鬼滅の刃で言うと柱のような感じです。

その一人、主人公である修羅王シュラト。

 

シュラトには親友であり、戦う宿命になってしまう夜叉王ガイがいます。

ガイは敵の策略で、転生する前の記憶を消され、シュラトは敵と洗脳されています。

シュラトはガイと最初から最期まで、哀しくも戦わなりません。

 

ガイは最期、正気を取り戻しますが、非業の死を遂げる・・・

仮面ライダーBLACKで言えば、ブラックサン(光太郎)とシャドームーン(信彦)の様な関係です。

天空戦記シュラト
天空戦記シュラトとは、タツノコプロのアニメ。

シュラトらは、シャクティという名の甲冑を付けて闘います。

そのシャクティの上に乗って、飛行が可能という筋斗雲のように便利(笑)

 

バトルも非常に見応えあるが、中盤に出てくる不動明王アカラナータという敵キャラが、これがまたとんでもなく強い!!

途中に合体(明王合身)するが、いわゆるクロス(聖衣)が合体するというのも今に至るまでないだけにとんでもな展開だ(笑)

 

主人公サイドが全く歯が立たず、未だかつてあんなに強い敵は、見たことがないというくらい強敵であり何ならラスボスでもいいくらい(笑)

最後は、奥の手・獣王曼荼羅陣からの修羅金剛魔破拳で辛くも勝利!

しかし、不動明王 アカラナータは、憎たらしいほどに強くてヤバかった。

 

バトルヒーローものにとって、無くてはならない必殺技とそのシャウト。

例外なく、シュラトら八部衆も、アスラ神軍も、敵も味方も必殺技を叫ぶ(笑)

 

シュラト「ナウマク・サンマンダ・ボダナン・アイ・ビラ・ウンケン・ソワカ・・修羅魔破拳!」

と真言を唱えた後に、技名を叫ぶや、フレーズが斬新です。

他には、前期と後期で主題歌が変わりますが、2曲とも格好良くてテンションがあがります。

アーティストの曲がタイアップになったパターンではなく、この作品の為に作られています。

それでも、テンション上げるために、普段時に聴いても違和感ありません!

突然の作画崩壊!? シュラトとガイが犠牲に・・・

シュラトでは、必ずぶち当たる悲しい出来事があります。

雷帝インドラを倒した、第二部以降で、それは明るみとなります(笑)

 

何だか、シュラトの画が時々、おじさんのようになり、アメリカにありがちなより人間に近いキャラクターになってしまいます(笑)

 

これは、海外への外注が増えたために起きてしまったと言われています。

当時、たまたま見たシュラトの回が作画崩壊回だったら、その人は二度と観ないでしょう。

 

ずっと観てましたが、アスラ神軍との決着はどうなるのかを知る為に我慢してました

なんとか、最終回近くは、制作進行の正常化や予算が下りたのか、通常シュラトに戻ります。

しかし、最強の金色のブラフマーのシャクティを纏ったシュラトの恰好悪さやガッカリ感は否めなかった。

まとめ

何で、急にシュラトやラクシュの顔が、アメリカのアニメの様にリアルフェイスになってしまうのか(笑)

それでも、全38話で最終回を迎えたあとに、OVAが数本、制作された事実。

天空戦記シュラトの続編を望む声があったからでしょう。

 

アニメとしての作品としても良かったし、ストーリーも面白い。

八部衆の一人、那羅王レンゲを演じた林原めぐみや、シュラトを演じた関俊彦等々。

現在も第一線で活躍する豪華な声優陣で彩られています。

 

ガンダムシリーズで言えば、カミーユ、ブライト、ジェリド、クリス、デュオらもいる(笑)

シュラトにしろ聖闘士星矢にしろ、神話に興味を持つ一端となります。

もし、現在のクオリティでリメイクされたら、必ず見たい作品の一つと言っていい良作です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました