web analytics

はじめの一歩 1351話 感想 幕之内世代

漫画
スポンサーリンク

兄 真柴了の世界前哨戦が決まるも、浮かない顔の久美ちゃん

釣りをしている一歩に試合決定の報告をするも、その相手が強敵と聞かされるやめまいに襲われる久美。

 

未だに(笑)友達以上恋人未満な一歩は現役引退?するも、兄の真柴がボクシングをやり続ける限り苦悩は解消されません。

 

その話を聞いた一歩は、同世代のライバルであった、ヴォルグや千堂を思い出し彼らの世界への道のりにワクワクするも、最も関係が深く、大好きな(笑)宮田一郎が未だ動かないことに心が晴れない。

 

その原因が一歩自身にあるだけに尚更、責任を感じてしまう。

一歩も宮田もデビュー前から知るボクシング記者の藤井も、幕之内世代と言う中でも、宮田が一番強いと思っているようで、宮田の一歩を待ち続ける姿勢に苛立ちを隠さない。

 

毎度の様に、一歩のカムバック的な描写が出てくるものの、決定的な一発には至らない状況。

既に、現役ファイターには遠く及ばないと話す一歩だが、復帰の決め手になるような出来事はいつ起こるだろうか。

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました