web analytics

鬼滅の刃 アニメ 18話 感想 偽物の絆

鬼滅の刃
スポンサーリンク

柱の二人が那田蜘蛛山に駆け付ける

水柱の冨岡義勇と蟲柱の胡蝶しのぶが入山する。

しのぶが、義勇と軽くコミュしようにも、実直な義勇はそれをよしとせず(笑)そのまま二手に分かれる

 

目下、巨躯の鬼と、抗戦中の炭治郎と伊之助。

炭治郎は水車を放つも、片腕すら斬れない。

 

鬼が伊之助を追いかけている際にできた隙を見て、炭治郎は水の呼吸・最強の拾ノ型を放とうとするも失敗。

遥か遠くに飛ばされてしまい、伊之助は1対1の厳しい状況となってしまう。

 

一方、瀕死の状態の善逸は、最早これまでというところで、胡蝶しのぶが眼前に現れる。

しのぶ「もしも~し、だいじょぶですかぁ?」

この状況でも、優雅な話し方を保ち続けるしのぶはすばらしい(笑)

本当の十二鬼月が現れる

遠方へ投げ飛ばされた炭治郎は、これまでの鬼とは比べ物にならない威圧感と、重い空気を宿した鬼と遭遇する。

それでも炭治郎は自分の発した言葉は取り消さない。

炭治郎「何度でも言ってやる。お前の絆は偽物だ!」

 

これまでのダメージもあり伊之助も青色吐息だが、一本で斬れないなら二本で斬ればいいと、二刀流を活かした攻撃で攻勢に転じる。

 

しかし、腕を斬られたお父さん鬼は、脱皮を試みて、腕は元通り、更に身体は巨大となってしまう。

戦意喪失しかけるが、意識をしっかりして立ち向かうも、まさか、まさかの日輪刀が二本ともに折られてしまう!

 

頭を捕まえられて、握り潰そうとする鬼の握力で走馬灯が伊之助を駆け巡る。

その中には、幼い頃の微かな記憶か、伊之助を捨てたであろう母親の面影を見る・・・

 

伊之助は吐血し、死が直前に迫る中、冨岡義勇が救い出し、水の呼吸・肆ノ型 打ち潮で一瞬で切り刻む。

あんなに一回、斬るだけで命を懸けていた伊之助は、見たことのない強さに圧倒されてしまう。

 

炭治郎は、鬼の戦力を見定めて水面斬りで攻め立てるも、炭治郎の日輪刀も伊之助と同じく折れてしまう・・・

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました