web analytics

man with a mission 映画 感想 THE MOVIE-TRACE the HISTORY

音楽・映画
スポンサーリンク

究極の生命体 MAN WITH A MISSION

5人の狼の10年間のサイコーなドキュメント!

アメリカの音楽ジャーナリスト・カールが、デビューから2019年までの軌跡を追います。

 

どの場面もサイコーに面白いのですが、その一部を、振りかえっていきます。

狼らは2010年、地球温暖化によって復活。

 

ジャン・ケン・ジョニー

ギター/ボーカル/ラップ担当 作詞・作曲も手掛けバンド内で唯一、日本語と英語を自在に操る。

全ての取材やMCを担うバンドの顔。

 

トーキョー・タナカ

メインボーカル/舌が右に出ているのが特徴。歌えるのに何故か言葉は話せない(笑)

ガタイがよく、スポーツ万能。将来の夢は料理番組を持つこと。

 

スペア・リブ

ドラム/大きく開いた口が特徴。メンバーで一番小柄でアイドル的存在(笑)

 

DJサンタモニカ

DJ/彼は舌が左に出ている。常にテンションが高いパーティ野郎(笑)

 

カミカゼ・ボーイ

ベース/作詞・作曲を担当。強面だが遅刻常習犯で周囲からはポンコツ扱いされている雨狼(笑)

あるシーンでは遅刻し過ぎて、メンバーに土下座してた(笑)

ライブ定番のFLY AGAIN 実は・・・

カールが関係者に証言を聞いて、マンウィズのヒストリーを掘り下げていく。

デビュー当初から日本だけではなく、海外でのLIVEも行い世界に目を向けていく。

 

ジャン・ケン・ジョニーにインタビューを敢行。

彼らが初参加した夏フェス・京都大作戦、素晴らしいライブの光景だったと話しています。

 

” FLY AGAIN ” は関係者の証言では、初期のデモテープは酷かったらしく批判されていとのこと。

しかし、その後にリファインされて、改めて聞いたら凄く良くなったと語っています。

 

初めは、ジョニーからしか話を聞けなかったが、カールがジョニーより、狼翻訳機の設計図をもらい苦心し、完成させます。

 

完成したことで、早速、トーキョー・タナカにインタビューを試みるがいきなり破壊されてしまう(笑)

しかし修理して、その後も貴重なメンバーの肉声を届けることとなります。

 

飲み会でのカミカゼ・ボーイがとても笑えます(笑)

積極的にチャリティーも参加するオオカミたち

2013年:Emotions 完成

初の日本武道館 Live を成功させる。

 

2016年:The World’s on Fire を発売。

日本、シンガポール、香港等を巡るアジアツアーを敢行

 

2018年:Chasing the Horizon を発売

甲子園球場ライブを敢行し大成功!

 

2019年:Remember Me がドラマのタイアップとなる

音楽チャートの一位を獲得!

上記のヒストリーはほんの一部です。

2011年の東日本大震災や、熊本地震。

トーキョー・タナカが中心となって、積極的にチャリティーライブや活動を行い震災復興に尽力。

MAN WITH A MISSION は疾走し続ける

アメリカのロックバンド・ZEBRAHEAD との共作” Out of Control ”

布袋寅泰や東京スカパラダイスオーケストラのコラボレーション等、常にワールドワイドに全方位的に活動。

 

スタッフのミッション映像制作もサイコーに格好良くてムチャクチャ面白いマンウィズアミッション。

究極の生命体である狼たちは、過去・現在・未来・も大注目です!

ラストソングは、” The Victors ” 

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました