web analytics

【新日本】オカダと棚橋 揃い踏みは強い! ダブル前哨戦を制す!

スポンサーリンク
新日本プロレス
スポンサーリンク

大阪大会前の最後の前哨戦は、CHAOS,本隊連合軍が勝利

棚橋弘至ーKENTA・オカダカズチカータマ・トンガ と11.6で雌雄を決する選手同士が入ったダブル前哨戦とも言える8人タッグマッチ。

今は、KENTAかと、取って取られてのUSヘビーベルトは挑戦者が帯同して入場。

オカダが独特の手拍子(笑)で会場を盛り上げる。

棚橋は、KENTAにドラスクからサンセント・フィリップを投下。

テキサスクローバーを仕掛けるも、KENTAオリジナルのGAME OVERで切り返す。

田口がタンガにジャンピング・ヒップアタックを決める等、最後は両軍が入り乱れる中、オカダが邪道にマネークリップを決めて勝利(17分1秒)

オカダと棚橋の両看板が揃えばそう簡単には勝てないでしょう。

棚橋弘至

・・・前哨戦、今日で最後だけど、闘ってきた印象、面白かったしね。

悔しいとか、情けないとか、ベルト持っていかれたりしたこともあったけど、全てが大阪に向けてのプロセス。

短い前哨戦だったけども、このベルトをめぐる思い、プロセスってのはしっかりと伝わったと思うから。

あとはしっかり防衛するのみ・・・(抜粋)

出典引用:新日本プロレス公式サイト

何度目になるのか、タイトルマッチ前、棚橋弘至は、IWGPUSヘビーベルトを取り返す!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました