web analytics

狂犬vsならず者の壮絶過ぎる米国ノーDQマッチ!!

鈴木軍
スポンサーリンク

デスペが米国に乗り込んでの一騎打ち

ストロングスタイルたる新日本プロレスで異質で異才な輝きを放つ鈴木軍のならず者 エル・デスペラード。

WWE~AEWへ何でもありの怖いもの知らずの狂犬 ジョン・モクスリー。

その二人がアメリカ テネシー州ナッシュビルでノーDQマッチを行うのだから壮絶にならない訳がない!?

 

リングコーナーに有刺鉄線ボートとは・・・ある意味、涙のカリスマを彷彿させる。

開始こそロックアップで始まるも、互いに有刺鉄線ボードに相手をぶつけようと試みる。

何でもアリの試合形式だけに持ち込んだギターで一撃を浴びせたり、空き缶のボードの上にブレーンバスターと壮絶に展開にしていく試合!

WWE在籍時のディーン・アンブローズ時代も破天荒でしたが、AEWに来てからもそれ以上に破天荒な試合を見せるモクスリー。

最後はデスライダー(パラダイムシフト)から、狂犬だから?ブルドックチョークで勝負あり(17分20秒)

 

“元気よく自分が出血したり、元気よく相手に出血させたりよ。アンタがやってくれるんだったら、俺はどこでも行くぞ”とデスペラードが発したことで実現したスーパーマッチ。

レインメーカー オカダカズチカやジョン・モクスリーと対戦したデスペラードはジュニアの枠を超え、階級を行き来できる存在感を見せてます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました