web analytics

ドラゴンボール超 16巻 感想 “宇宙一の戦士”

ドラゴンボール超
スポンサーリンク

新しい敵は、一匹狼の哀しい戦士

前巻の終盤で、モロ編が終わり、新しいシリーズであるシリアル人?編が始まります。

シリアル人の生き残りが、かつてのフリーザ軍とサイヤ人に自分たちの星を破壊されて、いつか必ず復讐してやることを誓う宇宙の戦士が登場します。

 

宇宙の話となると、ドラゴンボールで大悪党だったセルや魔人ブウの名前は先ず出てきません。

モロ編で、ブウを飲み込んだ大界王神は出てきたが、セルの知名度は無茶苦茶低いですね(笑)

 

宇宙の星々が舞台なると、今も昔もフリーザ軍の威光と圧倒的な強さと悪者振りが際立ちます。

 

今回の修行では、悟空は天使のウィスに、ベジータは破壊神ビルスに稽古を付けてもらう構図。

これまでは、二人まとめてウィスが修行してました。

 

悟空は身勝手の極意に磨きをかける、ベジータは向かないので(笑)ビルス自ら、破壊の技をベジータに叩き込むだけに、将来の第七宇宙の破壊神候補筆頭はベジータになるのかも。

ドラゴンボールは7個タイプだけじゃなかった!?

今迄、ナメック星やスーパードラゴンボールも含めて、大きさに差異はあるものの一貫して数は7個です。

しかし、今回、シリアル星で集めて、使われたドラゴンボールはたったの2個!?

 

これなら、すぐに集められてしまいますが、案の定、集まります(笑)

この設定追加はどうなのかなぁって、正直、思ってしまうところです。

 

そして、疑うことを知らない孫悟空と、相手が ” 宇宙一の強さ ” とか聞くと、ベジータでさえ素直になってしまい、暗躍する敵の一味に騙されて、宇宙一となったシリアル人と闘うことになる・・・

今回、悪の一味として、ヒータ軍団が出てくるのですが、彼らの雰囲気が懐かしの “東映アニメフェア” 時代の、ドラゴンボールZの映画版を彷彿させます。

 

ブロリーは一人でとてつもなく強大な強さだったので、ブロリーというよりは、”スーパーサイヤ人だ孫悟空”や、”銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴”とか、敵のグループ感を感じます。

 

今回の最初の敵であるグラノラは、純度100%悪だったモロとは違うので、超バトルの結末、今後の展開が予想できないだけに、超絶楽しみであります!!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました