web analytics

あしたのジョー2 感想 第4話 その時、十点鐘は鳴った

あしたのジョー2
スポンサーリンク

タイガーと一触即発

ジョーは出稽古先のジムでビデオの録画迄して高みの見物をするタイガー尾崎に我慢ならない。

タイガーのところまで乗り込みパンチを一閃!

 

だが、タイガーもジョーのパンチを躱し、タイガーも打ち込むがジョーもパンチを躱し一触即発。

さすがにこれ以上の乱闘はまずいと、段平とタイガー陣営が二人に割って入る。

 

これ以上のスパーリング続行は不可能のため、ジョーらは引き上げようとするが、ジョーとしたら相手が弱すぎて物足りない様子。

 

ジョー「今度は大東拳ジムさんよ、1ラウンドは持つぐらいの強い選手用意しといてね」わざと挑発

 

彼らもそのまま帰すはずもなく・・・「やっちまえ~!」と多勢に無勢でジョーと段平を袋叩き。

二人はボロ雑巾のようになって丹下拳闘倶楽部に帰る

 

うわ言のように段平は「今度のタイガーとの試合勝ってほしぃなぁ」と呟く。

ジョーの致命的な弱点

矢吹丈対タイガー尾崎 との一戦を迎える。

リング前のバンテージチェックの時、タイガー陣営は、ビデオで録画した映像を徹底的に研究。

ジョーの致命的な弱点を見つけたと自信ありげに話す。

 

ジョーはケロッとしていたが、段平と西は心当たりがあるだけに二人は青ざめる。

しかし、試合ははじまると、早くもイヤな予感が的中してしまう。

 

ジョーは開始早々、タイガーから頭部へ右ストレートを打つと見せかけて、左ストマックブローでダウンをとるフェイントからの高等技術を見せる。

 

しかし、これは狙ってやったのではなく、いざテンプルに打ち込もうとすると筋肉が萎縮。

狙っても無意識に打てなくなってしまう・・

それが証拠にフェイントを段平から指摘されるが、ジョーはフェイントなんて使ったことはないと言う。

力石徹の亡霊なのか

たとえ頭部にパンチがきても腰の入ってないパンチなど恐れるに足らずと、タイガー尾崎は大胆に打って出て、ジョーを圧倒し始める。

 

「力石の亡霊だって! 俺は長い時間をかけて吹っ切んたんだ! だったらテンプルに打ち込んでやろうじゃねぇか!」

 

だが、腕は無意識にボディに方へいってしまい、タイガー尾崎の反撃に遭う。

 

何度、ジョーはテンプルに打とうとしても、打つことが出来ず、その度にダメージが蓄積する。

これ以上、打たれてはジョーがダメになってしまう!・・と段平がレフェリーストップのタオルを投げ込む。

試合結果と、自分自身に茫然とするジョー。

 

そして、葉子はこの勝敗の見えた試合をいつまでも見る必要はないと、途中で退席。

強いボクサーを探しに急なフライトで外国に飛ぶ。

放送日:1980年11月3日 視聴率:12.4%

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました