web analytics

るろうに剣心ー特筆版ー上 感想

るろうに剣心-北海道編-
スポンサーリンク

剣心キャラが活躍するパラレルワールド

特筆版の内容に関しては、正史である、ー明治剣客浪漫譚ーとは別のストーリーです(パラレルワールド)

皆が知ってる人気のキャラ(そうでないのも含め)の活躍を再見出来るような感覚です。

 

初めの出会いとして、薫も出てくるし、弥彦、左之助と出てきますが、それぞれに出会い方や役割が少しずつ違います。

 

相楽左之助は、剣心との最初の喧嘩から、必殺の二重の極みを会得してます。

使い勝手が良いのか(笑)北海道編にも登場してる武田観柳の配下に、人誅編に登場したキャラもいます。

そして、特筆版 上の本編の終盤には、志々雄真実が登場前の強キャラである、鵜堂刃衛が顔見せするので、ー特筆版ー下へのプロローグでしょう。

ー明治剣客浪漫譚ー第零幕

こちらは、正統本編の第1巻より前の逸話が掛かれており、ー明治剣客浪漫譚ーがクレジットされてます。

 

特筆版とは逆に剣心以外のレギュラーキャラクターは誰一人出ていないので、見てる分には特筆版の方が面白いかもしれません(笑)

 

しかし、この時の逸話と、剣心が救ったエルダー先生の言葉があったから、神谷薫の道場に暫く、逗留するきっかけになったかもしれません。

 

特筆版が書かれたことで、北海道編が始まったとしたなら、嬉しい限りですし、当時の剣心の絵柄に近く、現在の和月先生の進化の融合だと考えるとより楽しくなります。

 

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました