web analytics

鬼滅の刃 アニメ 12話 感想 猪は牙を剥き、善逸は眠る

鬼滅の刃
スポンサーリンク

俺があいつを倒すぞ!

女の子を足蹴にしてでも鬼を倒しにいく伊之助。

この頃の伊之助は獣の中で育ち、生き抜いてきた直後なので性格もより野獣です。

 

鬼が鼓を叩く度に、空間も部屋も移動してしまうので鬼を捉えきれない。

普段の鬼の匂いではないが、複数の鬼がいることを匂いで感知した炭治郎。

しかし、それは行方不明になっていた兄弟の一番上の兄だった。

 

一方、弟と行動する善逸は、別の鬼に見つかりひたすら逃げる、逃げる。

この時の善逸は尋常じゃないだらしなさで(笑)恐怖で膝にきて動けなくなる。

 

ついに、鬼が追いつき、鬼の怖すぎる暴言を聞いた善逸は失神!

善逸は、弟をのこして眠りについてしまう。

雷の呼吸「霹靂一閃」

弟「善逸さん、起きてよー!」

その刹那、抜刀が見えない速さで鬼の舌先を斬る。

 

善逸は、無意識下で全集中。

雷の呼吸・壱ノ型「霹靂一閃」を発動!

 

落雷の速さの脚捌きと剣速で一瞬にして鬼の首を斬り落とす。

しかし、善逸は自分がやったとは露知らず、弟が倒したと思い込む。

弟は善逸の変貌ぶりに唖然とするが、もうそのままにしてます(笑)

猪突猛進、猪突猛進!

再び、別の部屋に飛ばされて、廊下を苛立ちながら走り回る伊之助。

既に三日間閉じ込められている模様。

しかし、ようやく鬼に遭遇し、興奮して鼻息も荒い!

我流・獣の呼吸で鬼の両腕を二刀流で切断。

伊之助「参ノ牙・喰い裂き」

あっという間に鬼は伊之助の踏み台となった。

俺が挫けることは絶対にない!

兄と妹が再会。

傷ついている兄を見て、鱗滝からもらった傷薬を塗布してあげる。

 

炭治郎が行方不明になっていた兄の血を人間と判別できなかったのは、兄が稀血だったため。

兄は稀血を持っていた為に特に鬼から狙われていた。

 

稀血を持つものを鬼が食すと、人の五十人から百人分になるため、付け狙ってくる。

生き延びた理由として、三体の鬼が揉めている中、鼓の鬼が鼓を落としたのを拾う。

 

それを叩いて部屋を移動することでなんとか生き抜くことに成功。

再び、鼓の鬼が迫ってくる。二人は鼓を叩き別の部屋に移動。

これで、心おきなく炭治郎は鬼と闘う。

先の戦闘で鬼が鼓のどこを叩くと部屋が傾くかを把握している炭治郎

それを予想し一寸先に動くが、それでも部屋が傾く速度がはやく、鬼まで辿り着けない。

未だ、傷が癒えておらず、動きも鈍いため、不安になる炭治郎。

 

そんな時、鱗滝の言葉を思い出す。

水はどんな形にもなれる、怪我をしてるならそれを補う動きをしろ炭治郎!

炭治郎「俺が挫けることは絶対にない!」

 

次回予告:本編のように炭治郎と禰豆子がお互いを応援しあう。

炭治郎「禰豆子が挫けることは絶対にない!」

今回は、前振りが長くて噂話の時間が無くなるオチ(笑)

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました