web analytics

キン肉マン 週プレ 349話 感想 タッグ屋の原点!!

キン肉マン 週プレ連載
スポンサーリンク

ノトーリアスの残虐性全開!

ノトーリアスに一人二役(笑)のツープラトンを決められてしまったゴッドセレクテッド。

ノトーリアスは追撃に自慢の歯で、ビッグボディを噛みまくり、残虐性全開。

 

大量の血を前にして、超神の品格は全く無し、只のザンギャクに見えるんですけど(笑)

イデアマンにしても、下天した当初の目的を見失ってる様子。

 

しかし、イデアマンは過去にした知性と神との会話を思いだし、やや冷静さを取り戻す。

邪悪5大神の中でも知性の神は今後もキーポイントになりそうな予感。

必殺フェイバリットの競演!

ノトーリアスはタッグのスペシャリストとはいえ、個々の力も重視するタイプ。

イデアマンのカットプレーに、助けてもらったかかわらず文句をぶつける。

 

この状況で超神のツープラトンは決まるわけもなく、そこをフェニックスとビッグボディは見逃さず!

超フェイバリット、マッスルリベンジャーとメイプルリーフクラッチの二重奏のセットアップ!

 

二人が必殺技をセットアップしたところで、349話が終了。

マッスルリベンジャーは一度、破られてのに、再び試みる不死鳥。

フェニックスも対策は立てているでしょうが果たしてどうなるのか?

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました