web analytics

【新日本】永田裕志凱旋 東金大会展望 ”鈴木みのるとのシバキ合い!”

BOSJ/WTL
スポンサーリンク

永田裕志の地元で”これぞ新日本”のぶつかり合い!

11.28 千葉・東金大会と言えば、青義のジャスティス 永田裕志の凱旋大会。

個人的には、プロレスラーの凱旋大会と言えば、永田裕志、DRAGON GATE時代の鷹木信悟の山梨大会。

同じDGの土井成樹の奈良大会等が真っ先に浮かんできます。

宣伝ポスターも永田を中心に、横には第三世代の天山広吉と小島聡が脇を固めて実にカッコイイ、ゼァッ!

ポスターに出てる鷹木・オカダ・飯伏が出ないのは、カード発表前だっただけに仕方無しです。

WORLD TAG LEAGUE2021の魅力的なカードが揃っている中で、やはり大注目はメインイベント。

永田裕志,タイガーマスク組 vs 鈴木みのる,TAKAみちのく組の一戦。

正直、東金大会で無ければメインには組まれていないだけに、注目の一戦です。

現在の新日本とは一線を画す程の両選手の闘い

話題充分の両チームですが戦績は4戦全敗であり、これ以上負けたら完全に優勝戦線から脱落となるだけに絶対に落とせない。

永田裕志と鈴木みのると言えば、これでもかというぐらいに激しく激しい闘いを毎回やってきました。

永田の何がそんなに憎いんだ鈴木!と思わせる程に熾烈なファイトを繰り広げてきた両者。

昨年のNJC2020の1回戦で7年振りのシングル対決となった両選手に試合は本当にゴツゴツしたもの凄い激突の中、永田がバックドロップホールドで勝利(20分35秒)

それだけにビッグボスな海賊王も勝つだけじゃなく、倍返しだ!のつもりで攻め込んでくるでしょう。

両者のパートナーがジュニア戦士であるところも面白いし、千葉と言えば TAKAみちのく的にも忘れられない土地でしょう。

色々な見ごたえがこれでもかという程に詰まっている東金大会と永田裕志に要注目です、ゼァッ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました