web analytics

棚橋弘至 米国に散る!IWGPUS初防衛失敗もNEXTへ行くのか!?

棚橋弘至
スポンサーリンク

ジュースのNEW ERA!

あんまりというか殆ど聞いたことない(笑)4WAYマッチ。

それが IWGP USヘビータイトルマッチで実現。

王者 棚橋弘至へ、ジョン・モクスリー、ウィル・オスプレイ、そしてバレットクラブ入りしたジュース・ロビンソンが挑戦!

 

試合は当然、乱戦模様となり、誰かが技を決めてフォールにいっても、他の選手がフォール中の相手を退けて、自分がフォールにいく展開は何度も見られます。

 

大きな見せ場の一つに、棚橋のハイフライアタックから始まり、パルプフィクションにオスカッター!

そして、ジョンモクがパラダイムシフト(元デスライダー)をフィニッシャーを数珠つなぎに炸裂させる!

 

しかし、最後のラスト、勝利の女神か魔女か、BC入りした勢いあるジュースに微笑む。

オスプレイを疑惑あるにせよHHBでピンフォール(15分45秒)し、第5代以来、15代目US王者に返り咲く!

まだ日本の会場で起こせない、”ターナーハーシ” コールもあり、逸材のハイエナジーになったと思いますが、またしても初防衛に失敗。

棚橋弘至

(初防衛失敗も)止まってられないから、次に進むから、USヘビーで得た経験値はオレを成長させてくれたから。

またいつかUSヘビーとも巡り合う日が来るのを、オレは信じてる。

最後に、USヘビー・・・本当にありがとう。また、いつか・・・(抜粋)

引用:新日本プロレス公式サイト

アメリカで防衛戦をやれたことに達成感あれど、コメントを見る限り、USヘビーから撤退するのか?

直接ピンを奪られた訳ではないので、リマッチ好きの新日本に(笑)アピールすれば認めらるでしょう。

それに、ジュースとしてももう一度!と言ってもらわないとある意味で困るのではないか?

 

もしくは、逸材考えとして、IWGP世界ヘビーに標準を合わせていくのだろうか?

まぁ、翌日には違うことを言うことが多い逸材だけに(笑)次のコメント、考えを待ちましょう。

 

ジュースが奪取したことで、本来の設立目的であった米国で外国人選手をメインにIWGP USヘビーのストーリーが展開されるのか、気になるところです!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました