web analytics

プロレス総選挙で順位よりもビッグサプライズが起きた!?

プロレス番組/本
スポンサーリンク

1万人が選んだ “新日本プロレス総選挙?”

1万人のプロレス総選挙がテレ朝で放送されて、割と早い時間に(笑)プロレスファンのためのプロレス番組が見れたことは嬉しい限りです。

 

順位に対しては、生粋のファンからすれば、言いたいことは多々ありですが(笑)1位~15位までの順位を見て、思うのは先ず、10位にランクしたプロレス王・鈴木みのるがスゴイ!

最近は新日本プロレスでの活躍、出番がめっきり減っている中で、多くの生え抜きを抑えてのランクインは流石です。

 

次に、ジェイ・ホワイト(9位)よりも、上位にランクした、ウィル・オスプレイ(7位)です。

確かにジェイは国内リングに復帰して、直ぐに王者になるも、1年を通しての活躍や貢献振りを見れば、オスプレイが上であり、この辺は投票している人もちゃんと入れてんだなぁと感心してます(笑)

 

そして、1位 オカダカズチカ 2位 棚橋弘至 3位 内藤哲也のワンスリーフィニッシュは、順位の変動はあれど、正直、完全に分かっていました。

たまたまチャンネルを合わせた人が、VTRを見た限りでは、内藤哲也の制御不能振りが一番、気になったかもしれません(笑)

 

まぁ、まぁ、活躍度合いからしてオカダ1位は納得なんですが、それでもなぁ、と思ってしまうのは、ハ・ポン推しの人たちの声ではないでしょうか。

 

1~10位まで新日本プロレスでガチガチに固められた中で、天才・武藤敬司が4位にランクインしたのは、スゴイし、素晴らしい!

 

今回の総選挙で大方、見えていた順位結果よりも、プロレス界として相当数の重大発言があった方がビッグサプライズです!

“(プロレス総選挙で)1位になったレスラーとやろうかな”と武藤敬司がインタビューで発言!

その発言を受け、1位を獲得したレインメーカーも闘ってもいいと発言を容認した!?

これは最大級でデカイことであり、総選挙がもたらした一番の意義のような気がします。

 

全国放送で言ったからには、リップサービスだけじゃ済まないでしょうし(笑)興行的には大きな大きな引きになる。

更には、オカダの横に、武藤の元付き人だった逸材・棚橋弘至もいた訳ですからこの事実も大きいです。

引退試合になるかはともかく、オカダと武藤がもう一度(イッテンハチ以来)絡むのはおそらく確定でしょう。

もし自分がブッカーだったら(笑)このカードを組むんじゃないでしょうか?

武藤敬司・棚橋弘至  vs オカダカズチカ・SANADA

付き人に弟子にスーパースターとこれは本気でありそうじゃないですか!?

 

武藤敬司とオカダカズチカの試合が実現した時、プロレス総選挙がもたらした大きな波及効果だったと言えるのではないでしょうか!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました