web analytics

ユニット別で振り返る2024年1.4東京ドーム!LIJは内藤以外は・・・

新日本プロレス
スポンサーリンク

L.I.Jはまさかの1勝3敗

内藤哲也がIWGP世界ヘビーに初戴冠し、デ・ハポンの大合唱で締めた2024年イッテンヨン東京ドーム。

 

しかし、ユニット別に見ると、なかなかどうして・・本戦の主な試合の勝敗を基に、主要ユニット別に見てみたいと思います。

 

先ずは、内藤哲也こそメインで勝ちましたが、ロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポンは、実は1勝3敗と負けが先行しました。

しかも、鷹木信悟と高橋ヒロムは虎の子のタイトルを奪われてしまいました。

 

特に、ヒロムの最長防衛は、(確か)ゲームボーイから生まれたヒーローレスラー “ヒート” の最多防衛記録を破ると思っていました。

 

次に、BULLET CLUBですが、IWGPジュニアタッグは奪われるも、リーダーフィンレーは、初代IWGP GLOBALヘビー王者に見事戴冠しました。

 

BC内ユニット H.O.Tも勝ったので、ユニット的には勝ち越しました。

CHAOSは、オカダカズチカが世界のブライアンに勝ちましたが、東スポ最優秀タッグにも輝いた毘沙門はIWGPタッグから陥落してしまいました。

 

最後、何故、YOSHI-HASHIがカットに間に合わなかったのか悔やまれます。

 

ユナイテッドエンパイアは、本戦初戦で、Catch2/2がジュニアタッグ王座返り咲きも、オスプレイはIWGP GLOBALには届きませんでした。

 

しかし、オスプレイ人気はすさまじく、入場曲後半の “オスプレイ!オスプレイ!” は皆、拳を上げて、叫んでました。

 

本隊は、海野は敗れるも、棚橋弘至新社長は難敵ザックを打倒し、見事NJPW TV王座に初戴冠!

 

J5Gは、SANADAは昨年守り続けたIWGP世界ヘビーから陥落するも、上村優也が辻から大きな勝利をあげました。

 

今回、SANADAは負けましたが、最後、本当に格好良かった。

SANADAも泣いてましたが…自分を負かした相手ですが、元パレハを助けたSANADAの行動は、胸にくるものがありました。

 

ユニットでの覇権争いも新日本プロレスの面白さの1つだけにこれからも要注目です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました