web analytics

【新日本】G1 オカダカズチカ 勝利以外に優勝戦への道は無し!

スポンサーリンク
G1 CLIMAX 31
スポンサーリンク

Bブロック 全勝のコブとと1敗のオカダの大きな違い

G1CLIMAXも10.20/21の日本武道館2連戦のみとなりました。

初日は、Bブロック公式戦最終日。

ここで、首位で通過した選手が翌日の優勝決定戦でAブロックのトップ・飯伏幸太と雌雄を決します。

Bブロックは、Aブロックと違って、星勘定が非常にシンプルで、Aは最終日に関わらず、4選手に可能性がありましたが、Bブロックは僅かに2選手です。

開幕から全勝を通した、ザ・ハチェット ジェフ・コブ。

最終日前に、タマ・トンガにまさかの土を付けられたオカダカズチカ。

その両者がメインイベントで、優勝決定戦への切符を懸けて闘います。

https://twitter.com/njpw1972/status/1450296305771634690

しかし、両選手が優勝決定戦へ進める条件はそれぞれに違います。

オカダカズチカは、絶対に勝たないと優勝決定戦への道は無し

もっとも分かりやすいのは、勝った方が進出できるのは両選手ともに同じです。

しかし、もしも30分タイムアップや、鷹木-裕二郎戦の様に両リン裁定となった場合。

合計得点がジェフ・コブは17点、オカダは15点と一敗している分、追いつけません。

ジェフ・コブが引き分け狙いはしないでしょうが、試合時間が25分経過、残り1分となり、マネークリップを掛けられたとしたら、どうしたって我慢して時間いっぱいまで耐えきるでしょうし、当然の戦略です。

土壇場で、覚醒したタマ・トンガ戦の一敗が相当に響いてきます。

なので、オカダカズチカとしては勝つしかない、30分以内に勝負を決める、勝利以外に優勝決定戦進出の可能性はありません。

Aブロックの覇者であるゴールデンスター・飯伏幸太と闘うのは、レインメイカー・オカダカズチカしかおらず、”G1 CLIMAXに、カネの雨を降らせる”のはオカダカズチカしかいません!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました