web analytics

KENTA “尾崎で問う”バレットクラブは真実へと歩いているかい?

新日本
スポンサーリンク

遂にバレットクラブ分裂!

事件は2月19日 アメリカ・インパクトレスリングで起こります。

タマ・トンガとタンガ・ロア組とカール・アンダーソン、ドク・ギャローズ組とインパクト世界タッグ王座戦の最中、リングに登場したジェイ・ホワイト。

なんと、ジェイはBCの盟友であるタマに裏切りのブレードランナー!

試合は、タマがマジックキラーに沈められて敗北を喫してしまう。

試合後のリング上でジェイがアンダーソン、ギャローズ、クリス・ベイの4人共に「Tоо Sweet」ポーズを決めて結託を強調。

この結果、燻り続けていたバレット分裂の火種に火が点きます。

そして、新日本プロレスを主戦場にするバレットクラブのレスラー達も、混乱しています。

レインメーカーからスイッチ・ブレイドに乗り換えた外道は、ジェイ側に付くように暗に動いている感もあります。

そんななか、1.5東京ドームで棚橋弘至と壮絶なノーDQマッチの末、負傷欠場中のKENTAが呟く。

KENTAは、米国でバレットクラブのメンバー、そして自分の想いをツイッターに綴ります。

尾崎豊の「I LOVE YOU」と並んで超絶な名曲「シェリー」を引用して、バレットの主要メンバーへメッセージを送っています。

YOSHIへの言葉はいつものヤツですが(笑)他のメンバーに対しては偽らざる気持ちにも見えます。

シェリー自体、ものすごく素晴らしい歌であり、自分がその時、置かれている立場によっては泣けてしまう程の名曲です。

それだけに自らは欠場中であり、表立って動けない分、バレットクラブがどこに向かっていくのか非常に気掛かりなのでしょう。

新日本プロレス参戦時、ソウルメイト・柴田勝頼を速攻で裏切り、衝撃のBULLET CLUB加入!

それから、現在迄の発言力と行動力は言うまでもないでしょう。

YOSHIーHASHIの棒でしかなかった存在を、あそこまで引き上げたのは間違いなくKENTAです。

負傷欠場が無ければ、今頃、NOAHと新日本のリングを股にかけてフル回転していたハズです。

KENTAが引用した歌詞の部分は、シェリーの中でも一番、グッとこみ上げてくる箇所だけに、自身の境遇も照らし合わせているかもしれません。

現在、開催中のNEW JAPAN CUPには、何人もバレットクラブのメンバーが出場しているだけに、シリーズ中にも何らかの動きがあるはずです。

バレットクラブの向かう先に、TRUTH(真実)があるのか、要注目です。

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました