web analytics

武藤敬司の新日本プロレス出場へ “棚橋動きます”

武藤敬司/ムタ
スポンサーリンク

天才と逸材!最後の対戦となるのか?

10.30NOAH 有明アリーナ大会に、新日本プロレスから棚橋弘至、真壁刀義、本間朋晃が参戦。

武藤敬司、丸藤正道、稲村愛輝のNOAHトリオと激突!

顔合わせを見る限り、夢のカードというよりも、同窓会的なマッチメイクに見えます。

新日本プロレスサイドは、武藤の付き人を務めたり、全日本プロレス時代に関係したりと同時代を過ごしたと言える3選手。

 

一方の武藤サイドは、M’sアライアンスにNOAH期待の若手とトリオ結成。

これが一線を引いていた選手ならば良き引退の餞となりそうなマッチメイクです。

しかし、最後までタイトルマッチ、第一線に拘った武藤敬司には引退カードにはなりません。

とはいえ、武藤‐棚橋は勿論、棚橋‐丸藤、真壁‐稲村の対戦などは非常に興味深いワクワクするカードでもあります。

武藤敬司

新日本プロレスで生まれ育って、本当はね、辞める前に、最後は新日本プロレスのリングに上がりたいと思ってんだよ。

ただね、新日本プロレス、競争の激しい団体なので。棚橋にノアのリングに来て頂いて、ノアの武藤敬司、査定してもらおうかなって思っております。

ま、その先には、ぜひ最後ね、辞める前に新日本プロレスで闘いたいなと思ってます

スケジュールやデリケートな問題も含め、故郷である新日本プロレスで、辞める前に試合したいと控えめに話す武藤敬司。

その言葉を聞いた新日本プロレスのエース棚橋弘至が宣言。

棚橋弘至

武藤さんの中で、新日本プロレスの中での記憶が大切に思ってもらってることもわかりましたし、そして全日本プロレス、ノアっていうね。

プロレス界全体を盛り上げてきた、後にも先にも現れない、稀代のレスラーであるということは間違いないので、もうホントに全力で闘いますし。

なんとかね、微力ながら新日本プロレスのリングにも上がって頂けるように、ボク、動きます

引用:新日本プロレス公式サイト

“ボク(棚橋)が動きます”

新日本プロレス参戦が実現するならば、来年の1.4東京ドームに出場、いや出場してほしい!

欲を言えば、東京ドーム参戦は、魔界の住人 グレートムタ。

翌5日の大田区大会に武藤敬司で出るのもアリなんじゃないでしょうか。

 

新日本プロレス→全日本プロレス→W-1→NOAHと華々しいヒストリーを時代ごとに築いてきた武藤敬司。

しかし、どの時代が最も全盛期で最高に輝いていたかと言ったら、満場一致で新日本プロレスになる気がします。

橋本真也、蝶野正洋と闘魂三銃士結成。

第1回からG1CLIMAXで大活躍し優勝も果たす。

伝説の10.9Uインター高田延彦との頂上決戦。

nWoとして蝶野正洋と共に大ブームを巻き起こす。

とても、じゃないですが、とてもじゃありませんが(笑)壮大な歴史や実績を語り尽くせません!

 

新日本プロレスは棚橋弘至やオカダカズチカの言うことは実現する、と制御不能なカリスマは言います。

それならば新日本プロレスさん、逸材 棚橋弘至の心からの声を聴いてあげてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました