web analytics

【武藤敬司】試合後はHOLD OUTかSTARDUSTか?内藤哲也,L.I.Jと1.4新日本ラストマッチ!!

武藤敬司引退
スポンサーリンク

天才に逸材,カリスマがいる豪華ラストマッチ

2023.1.4東京ドームが天才 武藤敬司の新日本プロレス ラストマッチに決定。

棚橋弘至、海野翔太と組み、内藤哲也、SANADA、BUSHIのロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポンとの豪華6人タッグマッチ!

武藤敬司と深い縁のあるレスラーが大舞台に揃ったようなマッチメイクです。

内藤と棚橋が、ファン時代に武藤敬司のプロレスに魅了され、憧れ、追いかけていたのは有名です。

棚橋はここ一年で、これでもかと武藤敬司に触れてきましたが(笑)内藤哲也は、一歩、引いていた感があります。

しかし、目標とした東京ドームのメイン、そして、WTLも敗退した今、このカードに選ばれたのは光栄であり、ファンも楽しみで仕方ない。

制御不能なカリスマとなった内藤哲也が、かつての憧れの存在であった武藤敬司とどう相対するのか?

そして、SANADAとBUSHIは、武藤敬司が全日本プロレスで社長をしていた頃にいた、いわば武藤チルドレン。

SANADAも早い段階で武藤と絡みたいと言っていただけに、本家にラウンディング・ボディプレスを決めてフォールを取りたいでしょう。

 

最後に海野翔太ですが、彼だけは縁があるというよりは、この試合で武藤敬司に触れることで、未来のこれからのレスラー人生に多大な影響をもたらすハズです。

キャラ的には、逸材に被りそうなくらい(笑)陽キャラに見えるし、であるなら武藤敬司にも近いものがあります。

新日本の分かりやすいプッシュですが、海野プッシュも度が行き過ぎると、ブーに変わるだけに注意が必要でしょう。

【1月4日(水)東京ドームの“全カード”が決定!】“武藤敬司新日本ラストマッチ”武藤&棚橋&海野vs内藤&SANADA&BUSHI!!“NEVER王座戦”アンダーソンvsタマ! “IWGPタッグ戦”FTRvs毘沙門!“IWGPジュニアタッグ”Catch2/2 vsYOH&ラッシュ!アントニオ猪木メモリアル6人タッグマッチも実現!!【WK17】
12月15日、新日本プロレスの事務所で、来年の『WRESTLE KINGDOM 17 in東京ドーム』大会の追加7カードが発表された。 これで全11カード(第0の2試合、アントニオ猪木メモリアル...

全日本プロレスに移籍して、W-1を設立し、NOAHに入団しても、武藤敬司のプロレスの原点であり、全盛期であり、スーパースターとなったのは、100%新日本プロレスです。

試合後、東京ドームに大音量で流れるのは、武藤敬司のHOLD OUTか?

それとも、内藤哲也のSTARDUSTなのか? 大注目 天才の新日本プロレスラストマッチ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました