web analytics

CyberFight Festivalのカード編成 弱く無いですか!?

NOAH
スポンサーリンク

金剛絡みのカードは拳王のみ

昨年に続き今年も「サイバーファイトフェスティバル2022」を6月12日に開催。

規模的には、新日本の東京/福岡ドームに次ぐ程に大規模であり非常に楽しみな大会です。

 

昨年のメインは、GHCヘビー級王者の武藤敬司に、丸藤正道が挑戦。

武藤が封印したはずのムーンサルトプレスを解禁する等、印象的な試合でした。

さよならムーンサルトプレスがさよならじゃなかったという(笑)

 

そして、今年の全カードが発表されましたが…正直、インパクトが弱くないだろうか?そんな印象を受けます。

2022年06月12日 日 CyberFight Festival 2022 | サイバーファイトフェスティバル 2022 | プロレスリング・ノア公式サイト | PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE
2022年06月12日 日 CyberFight Festival 2022 | サイバーファイトフェスティバル 2022 プロレスリング・ノア(NOAH)オフィシャルサイト。最新ニュース・試合結果・スケジュール・選手・チケット・グッズ情報...

メインイベントはGHCヘビー級選手権は潮崎豪対小島聡。

団体間のヒストリーを考えればNOAHがメインなのは分かりますが、史上最高のカードとは言えないでしょう。

小島聡の実力は充分ですし、輝かしい経歴もあります。

しかし、実際、新日本プロレスでは、試合に出ることも少なく、大会場のメインとして集客できるのか?

外敵としての話題は大きいと思いますし、スゴイ試合になるでしょう。

しかし、一つ何かサプライズがあればと思ってしまうだけに、今後の小島聡の動きも気になります。

 

二つ目に、何故KO-D無差別王座戦は行われないのか?

三大王座を見たいと思うのがファン心理であり、遠藤哲哉の防衛戦を見たいのではないか?

NOAHとの対抗戦ということで、点を線にする狙いもあるかもしれませんが丸藤正道以外はどうなんだろうと考えてしまうカード編成です。

蚊帳の外にいる小峠と稲村ににも期待ですが、それでも両チームのパワーバランスに開きがあるマッチメイクです。

 

そして、最後に、この大ボリュームなカード編成を見渡して直ぐに気付きます。

何故か、金剛勢の試合が拳王以外に組まれていない!

中嶋勝彦もいなければ、GHCナショナル王者の船木誠勝も出場しません。

NOAHを最も盛り上げているのは金剛なのに、ファンもガッカリではないでしょうか。

金剛も出れば更に試合数は膨らみますが、非常に謎でしかありません。

 

大田区大会での復帰が決まった天才・武藤敬司の名前もありません。

今後、追加カードもしくはカード変更はあるかもしれないというか、あってほしい。

1年に1度のCyberFight Festival だけに出し惜しみなく、コレだ!ってカードとトップ選手をさいたまスーパーアリーナの大舞台で見せて欲しい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました