web analytics

【キン肉マン】週プレ 361話 運命の喉!

スポンサーリンク
キン肉マン 週プレ連載
スポンサーリンク

超神の真の正体が見えてきた! ジェロニモを超人にした・・・

ジェロニモがデビュー戦(サンシャイン)から使ってきたフェイバリット・アパッチのおたけびを渾身の力で放つ。

喉を負傷しながらも、その威力は絶大でエクシュキューショナーの身体がボロボロと崩れていく。

しかし、超神はサンシャインと同じように砂の様に脆いのだろうか・・・いや、ジェロニモのアパッチがすごい!ということにしておこう(笑)

大ダメージをおして絶叫する姿を見て、実力派正義超人、アシュラマンも含めジェロニモを応援する。

体内では、プリズマンから譲り受けた”カピラリアの欠片”も後押しもあり、ジェロニモは最大の力を発揮する。

ようやく、おたけびを止めたエクシュキューショナーは、ジェロニモの戦いぶり・・・機転と勇気を評価し、最後の試練と称し、再びフェイバリットのセットアップ。

しかし、ジェロニモも超神の”真の正体”に気づいた様で、テリーマンのテキサスブロンコ魂を胸に、トップ超人なら一つは持っておきたい強烈な落下技(笑)を発動。

テキサスクローバーホールドの体勢を利用しての、”ニューマシンガンズ・カウベル・スタンビード”でジ・エクシュキューショナーをリングに叩きつける!!

 

おそらく、超神の正体は、その昔、人間としての激闘で再起不能となったときに、超人になるための試練を与え、ジェロニモを人間と平和を守る”正義超人”に変えた人物でしょう。

無印時代の伏線を回収するために、ジェロニモがこの大事な闘いに選ばれたのかもしれません。

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました