web analytics

キン肉マン 66巻 感想 黒ゼブラの実力!

キン肉マン 単行本,図鑑他
スポンサーリンク

マッスルインフェルノ 発動!

八角形(オクタゴン)のリングでゼブラ対マリキータマンが試合開始。

序盤戦は、ゼブラがオリジナルの変形パイルドライバー、ゼブラ サンダーボルト クラッシュ。

立ち関節技のゼブラ ヘルズ サブミッションで技巧を駆使して攻めたてる。

 

そして、序盤からエンジン全開し、必殺のマッスルインフェルノを発動!

しかし、序盤の必殺技は破られやすく(笑)、案の定、エクスキュースナースープレックスで逆、にマットに叩きつけられる。

 

キン肉三大奥義の一つである、マッスルインフェルノは、他の二つに比べると格が低い。

ゼブラ「先に出したインフェルノは旧式で欠陥品だ。試しのつもりだ出した」

ということは、新型インフェルノがあるということか。

 

しかし、マリキータマンも六鎗格でも上位の実力を持ち、ミミックニードルからのピカレスクギロチンでゼブラに攻めまくる。

白と黒のゼブラ、どっちが強いんだ?

マリキータマンは、白ゼブラでのファイトではなく、強さと残虐さを持つと黒ゼブラを出せ!と挑発。

相手の心のうちを読む読心術・ロールシャッハドットを繰り出し、黒ゼブラを誘い出す。

 

すると、ゼブラの胸に、かつて、野心を達成の犠牲となった愛馬シマ馬キッドの残像が浮かび上がる。

だが、今のゼブラはキッドへの慈悲の心を知り、悪の権化・黒ゼブラにはならないと誓う。

 

しかし、ロールシャッハ・インフリューエンスで、パルテノンがいなくとも、黒ゼブラを強制的に現出!

黒ゼブラも待ってましたとばかりに暴れ始める。

足と片腕をがっちりロックした、真・マッスルインフェルノを発動!

技自体は完璧に決まったが、一発ではマリキータマンを討ち取ることができない。

 

ダメージが深いマリキータマンだが、新技・シェルタリンブ・ピューハの鋼鉄の防御で、ゼブラの打撃を完璧にガードし、返す刀でゼブラを鉄柱に叩きつける。

 

真の狙いは、白よりも黒ゼブラの方が弱いと読み、ゼブラを挑発し、黒ゼブラへ変化するよう焚きつけた。

黒ゼブラは怒りや憎しみをパワーにして闘うので、直情的で攻撃も読みやすく打倒しやすいと語る。

白と黒が融合し、ニューゼブラ誕生!

ダメージの深い、黒と白のゼブラ同士が心の内でで話し始める。。

しかし、融合を、黒ゼブラは、未だ受け入れず、更なるピンチに陥る。

 

しかし、このままではマリキータマンには勝てない。

そして、お互いがいがみ合うのではなく互いに受け入れることを認める。

 

それこそが親友シマ馬キッドも望んでいることだと言い、草葉の陰で、キッドがほほ笑んでいる筈だ。

KO寸前の状態から息を吹き返すと、黒のゼブラの皮が剥がれていき、新たなニューゼブラ誕生!

 

反撃に転じるが、これまでのダメージも深く、マリキータマンもやすやすと主導権を握らせない。

最後のマッスル・インフェルノ!

肌身離さず持っていたゼブラコインを見つめ、キッドの幻影に向けて、マッスル・インフェルノで最後の勝負を掛けると誓う。

すると、親友キッドがゼブラにパワーを注入する!

 

マリキータマンのローキックの連弾をドラゴンスクリューで止める。

この試合三度目の最後のマッスル・インフェルノのセットアップ!

 

しかし、余りにもダメージが深過ぎるために、ゼブラはロックのクラッチを切られてしまう。

マリキータマンは、フェイバリットホールド、”マリキータ・デッドリーライド” 発動!

 

ゼブラ「ガァハーッ」と断末魔の血ヘドを吐き、まさかのキン肉マン・ゼブラが敗北。

主人公キン肉マンの登場!

次戦は、キン肉マン対パイレートマン。

>カナディアンマンの弔い合戦となるか。

 

場所は、海の遥か上に浮かぶ孤城、スワローネスト城。

パイレートマンはタックルでスグルを捕獲。

キン肉マンの火事場のクソ力を確認するために、海に叩き落とそうとする。

 

そのとき、キン肉マンの危機管理能力が作動し、腕を極めにかかる。

しかし、パイレートマンの超人強度が驚異の8000万パワーと判明!

火事場のクソ力の最大値が7000万。

パワー差で、キン肉マンは押し返されるが、ロープでの際の得意技・超人絞殺刑で反撃!

 

その反動で、パイレートマンを海に真っ逆さまに落としたか見えたが、禁断の奥義、マグネットパワーを放出し、磁力でリングに生還する!

 

キン肉マンはパイレートマンを打倒することができるのか!?

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました