web analytics

詐欺被害に遭うのは、必ずしも高齢者じゃない

ニュース/ドキュメント番組
スポンサーリンク

電子マネー90万分という信じられない買い物

徳島県のセブンイレブンで、女性店員が詐欺被害を防ぎます。

 

事件内容は、レジで約90万円の電子マネーを購入しようとする30歳代男性に、女性従業員は疑問を感じます。

「高額だから詐欺の可能性がある」

と声をかけます。

 

そして、他の従業員と相談し警察に追放。

事件を未然に防ぐお手柄を上げます。

 

この詐欺が成功すれば、更に第二、第三の被害者が出てしまう可能性があるだけに見過ごさなかったことが素晴らしい。

 

セブン女性店員、電子マネー90万円分を買おうとした男性に「高額だから詐欺かも」(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 特殊詐欺被害を防いだとして、徳島県警阿波吉野川署は13日、阿波市のコンビニ「セブン―イレブン」の店員らに感謝状を贈った。

 

ここで、気になったことが一つあります。

詐欺の被害に遭う寸前だった男性の年齢が30歳代男性であること。

オレオレ詐欺の多くは、高齢者の被害が格段に多いだけに違和感があります。

 

コンビニでやチケット代の引き換えや、公共料金等以外で、1万円を超えること自体が珍しい。

それを、俄かには信じられない額の90万円分を電子マネーで買おうとしたこと。

 

普通に考えれば、決してありえないことですが、詐欺を試みた人間が男性の身内に何かあった等と、悪魔のささやきをしたのかもしれません。

 

事件の細部まで分からないので、仮定の話ですが、身内のこととなると、人は特に冷静さを失う。

そうなると、高齢者に限らず、若い世代でも被害に遭う可能性がある。

気を付けなければいけないと思わされた事件です。

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました