web analytics

内藤哲也 王座戦連敗!逆転するべく手術を決意!?

内藤哲也
スポンサーリンク

内藤哲也の全てをぶつけても勝てず

21年振りの福岡ドームのメインイベントでIWGP世界ヘビー級タイトルマッチ。

王者 オカダカズチカに内藤哲也が挑む。

今年3度目の対決で、1勝1敗であり、通算6勝6敗で迎えた13度目の対決。

 

オカダは王座戦で勝利するも、NJC準決勝で内藤に敗れたため、堂々とチャンピオンとして進むために自ら、内藤を指名。

もう既に盤石ですが、ここでオカダが勝つと、更に箔が付いて向かうところ敵なし状態になります。

ここは前哨戦で、急所蹴りからのデスティーノでオカダをKO状態に追い込んだ制御不能のカリスマ。

内藤が制御不能に勝ちにいった姿勢を見せ、福岡ドームで “ロスインゴ・ベルナブレ~ス・デ・ハ・ポン!!”が聞けると思いましたが・・・

 

内藤はスターダストプレスを誤爆するも、コリエンド式も、切り返しからのデスティーノも炸裂させるもののカウント3に届かず。

オカダが卍固めから、変形ツームストンからのレインメーカーの超必勝パターンで王座防衛(34分12秒)

 

今回ばかりは特に勝たないと全くと言っていい程の試合の中で、勝てなかった内藤哲也。

これで、今年、オカダカズチカのIWGPに2度挑むも連敗を喫し、シングルタイトルに関しては泥沼の4連敗。

この結果を重く見た内藤は、昨年夏からの右目の不調を取り除くべく手術を決意する。

物が二重に見える(上斜筋麻痺)状態が続いては、空中戦にしても、デスティーノの着地にしても目測を誤る可能性が出てきてしまう。

不安を抱えたままでは、オカダカズチカに勝つことはできません。

内藤哲也

手術して治るのであれば、何回でも手術しますよ。

そのくらい俺はいまだにプロレスが好きですね。

割とよくあるケガですから、あまり悲観的にはなっていないです。

引用:東スポWEB

正式に発表されていないものの、BOSJの時期に欠場、手術に踏み切るかもしれません。

今年のG1 CLIMAXで万全の状態で出場すならば、このタイミングしかないでしょう。

9回裏から逆転の内藤哲也を必ず見せてくれる筈! トランキーロ、焦らずに待ちましょう!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました