web analytics

敗者髪切りマッチ宣言に”辻陽太の覚悟”を見た!!

L・I・J
スポンサーリンク

新日本プロレスの危機

2.24 北海道きたえーる大会のメインは、IWGP世界ヘビー級マッチ

内藤哲也vs SANADA

 

セミは、名勝負数え唄と言いたくなる程の熱さでぶつかりあう

鷹木信悟vsタイチ

 

その中で、セミ前に、辻陽太vs上村優也が組まれるも、そこまでの注目はなかったと思います。

 

しかし、辻の “敗者髪切りデスマッチ宣言” で強引に一気にヒートしました!

新世代同士の勝ち負けだけに終わらせない大きな決意を形にしてみせた。

 

辻が日頃から口にする “覚悟はいいか!”を直に思わせます。

 

棚橋弘至新社長就任のオメデタはあるも、レインメーカー オカダカズチカ退団。

 

これは明確に新日本の危機と思われるし、更に、昨今、暗い話題が多過ぎるプロレスの停滞を感じてしまいます。

あれだけ、ロン毛の二人だけに、どちら丸坊主?は大きなアイデンティティ消失でしょう。

 

激闘を繰り広げる中、勝ったり負けたりのシーソーゲームの辻と上村がぶちあげた髪切り戦。

 

完全決着で北海の夜空に勝利の雄叫びを上げるのは、どちらなのか注目です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました