web analytics

“禁断の扉”夢の続きは日本で実現!?大張社長が熱いコメント!

新日本
スポンサーリンク

新日本プロレス50周年の最高の機会

新日本プロレス×AEW Forbidden Door 禁断の扉がアメリカで大観衆、大歓声、そして大成功で幕を閉じます。

ジェリコ感謝協会と鈴木軍の合体。

棚橋弘至とジョンモクスリー待望の一戦。

史上初IWGP世界ヘビー級4WAYマッチ。

 

上記以外にも色々と展開された中で、残念だったのが、AEWのトップ中のトップ選手が欠場したことでしょう。

ケニー・オメガにブライアン・ダニエルソンと言った日本でも有名なトップスター。

そして、なんと言っても、AEW世界王者CMパンクの欠場が痛すぎた!

 

そういったこともあり、開かれた扉の向こう側を今度は日本で見たいと願うのファンは多いハズです。

そういった声に答えるかのように、新日本プロレス 大張社長が話してます。

観衆は超満員、10万回以上のPPV購入と商業的に大成功した新日本プロレス✖AEW合同興行。

大張社長の意見では、土壇場でアメリカで来られなかったレスラー(石井やヒロム)もいるし、見たいカードはまだまだある。

このイベントの続きを見るには、新日本プロレス50周年はそれを実現するいい機会と言ったことを話してます。

社長が言うんだから(笑)実現に向けて動くのは間違いないでしょう。

 

それが、果たしていつ頃になるのか?

G1CLIMAXの後か? 年末か? それとも2023年の東京ドームか!?

いずれにせよ、近い将来、開かれた世界のプロレスの最高峰が日本で実現することに期待しましょう!! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました