web analytics

G1CLIMAXが4ブロック制もまさかの他団体選手参戦はゼロ!?

G1 CLIMAX
スポンサーリンク

他団体からの日本人出場はゼロ

真夏の最強決定戦であり、全プロレス団体含めての最高で最強のリーグ戦 G1CLIMAX32

今年はコロナ禍前は定番だった真夏の開催となり、大会史上最大の28名参加の4ブロック制のリーグ戦となりました。

 

28名参加に関しては、NJCがスゴイ(48名!)ことになってたので(笑)そんなに驚きませんが、4ブロック分けはサプライズです。

こうなるとどの選手がどのブロックに入るのか、選手の振り分けが大きく明暗を分けそうです。

 

出場選手を見る限り、日本人と外国人のレギュラーメンバーに、BOSJと同じく、未知の強豪がプラスされた様な感じです。

 

しかし、BOSJやNJCと大きく違い非常に残念な点が1つあります。

まさかの他団体からの日本人参戦がおらず、CIMAやエル・リンダマンの様な外敵がいません。

以前からアピールしていた、ジェイクリーは当確だと思っていました。

逸材が呼びかけ、ジェイクも呼応していただけに、今回の見送りは驚きです。

これまでも、秋山準や川田利明、丸藤正道など、他団体選手らの優勝を、所属選手が阻めるかどうかの瀬戸際感がよりG1を面白くしてきただけに、正直、残念です。

しかし、ジェイクリー自身、(新日本出場は)G1だけじゃない、準備は常にしていると話してるので、次のネクストに期待です。

 

 

ブロック分けを見ないことには、優勝予想は出来ませんが、分かれ方によってはダークホースが出てくることもあり得ます。

それでもやはり制御不能なカリスマの3度目の優勝には期待したい!!

新日本プロレス50周年目の真夏の祭典に期待度はMAXです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました