web analytics

案の定SANADAに敗北オーカーン!パンケーキ作戦が功を奏した!?

G1
スポンサーリンク

同じ1敗同士でも重みが違う

7.30 Bブロック公式戦 SANADAvsグレート・オーカーン

SANADAのバックステージに乱入し、”このド陰キャが!”と罵倒しつつも、普段と違うSANADAも見ることが出来て微笑ましくも見える光景(笑)

最後は、SANADAから某コンビニのパンケーキをいただき、ご満悦の余ですが受け取った時点で負け確定にも見える(笑)

 

G1初戦、両者共に敗退するも、内容(対戦相手)が全く違います。

SANADAは現IWGP世界ヘビー級王者 ジェイ・ホワイトにも惜しくも敗れての1敗。

その後、タイチ兄やんに勝利し、1勝1敗のタイに戻す。

 

一方の余は、今の勢いからして勝つだろうと思いきや、クラウンジュエル チェーズ・オーエンズにまさかの敗退。

あれほど、バクステでチェーズを罵倒してたのにある意味で安定の負けっぷり(笑)

開幕2連敗となると全敗もあり得る!?だけにオーカーンは連敗は避けたい状況。

 

オーカーンは大空スバル式羊殺し・ルーナや、SANADAの負傷箇所であったあった左目を無慈悲に攻撃。

トドメのエリミネーターを狙うも、これだけは決めさせないSANADA。

逆に、ポップアップ式TKOから、一気にラウンディング・ボディプレスで圧殺の文句なしの勝利(16分35秒)

SANADAは勝ち星先行の2勝1敗と決勝トーナメント進出射程圏内です。

やはり、対戦相手から施しを受けた(パンケーキ)時点でオーカーンの敗北は必定だったのか?

これは本気で “ゼンパイア” もあり得るのではないのか!?

勝敗的には、余が “ド陰キャ”になった様な(笑)状況ですが果たして帝国式挽回策はあるのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました