web analytics

SANADAとEVILの ‘Way of Difference’ 再びタッグが組めるなら・・・

J5G/HOT
スポンサーリンク

王者と言い張るEVILの主張

G1CLIMAX33で勝利したとはいえ、王者SANADAからベルトを強奪し、我が物顔で “俺がチャンピオンだ” と言う暗闇王 EVIL。

 

チームとしての戦績も良くないとはいえ、無理やりにでも取り返せないSANAやん。

 

こうなると10.9の両国国技館決戦まで、EVILに’預ける’のだろうか?

 

 

今では両選手は別のユニットを率いる立場となり、完全に敵対しているがかつては、ロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポンの初期メンバーだった。

 

しかも「WORLD TAG LEAGUE」を2連覇(2018/2019)するほどの名タッグチームだった。

 

SANAやん曰く’SANADAイーボー組って自分ながらしっくりくるタッグチームでした’ と話す。

 

制御不能なカリスマ・内藤哲也と組んでも、優勝できなかっただけにSANADAにとっては良い相棒だったのだろう。

 

それだけに、対立が激化する中で、SANADAはこっそりと?EVILとのタッグへの思いを話す。

 

“本音を言うと、いつかまた1度は組んでみたい相手” 

引用:新日本プロレス公式サイト

 

内藤哲也、EVIL、SANADAと初期メンのLIJもギラギラしていて実に魅力的だった。

 

両選手共にユニットを脱退して、IWGPヘビーの頂点に辿り着いた。

 

 

そして、SANADAとEVILが最高峰を懸けて、初めて対戦する・・・夢あるなぁ。

 

この王座戦の勝者が東京ドームのメインイベントに立つであろうだけに、果たしてどちらの道がより正しかったのか、秋の両国で明らかになる!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました