web analytics

YOHがリンダマンにシュバイン!この技は誰の技?YOHのクエスチョン!?

BOSJ/SJTL
スポンサーリンク

YOHとリンダマン遺恨勃発か

12.4山口大会 SUPER JR.TAG LEAGUE 2022

YOH&リオ・ラッシュが勝てば5勝2敗、エル・リンダマン&アレックス・ゼインが勝てば、6勝1敗となるだけに両チームにとって非常に大事な一戦。

リンダマンはSJTL大会前からYOHの名前を出していただけに、いつもよりパフォーマンスは抑えめに感情むき出しでシビアに攻めていく。

しかし、YOHとてこの3年でSHOやトーチャー軍団との因縁でこういった闘い方は熟知しておりやり返す。

リオとのタッグに手ごたえを多分に感じており、その感覚はファンにも伝わってきます。

リンダマンがYOHにフォーカスし過ぎ、入れ込み過ぎて周囲が狭くなったのか、最後はYOHが電光石火のファイブスタークラッチでゼインをピンフォール(12分21秒)

しかし、試合が終わっても納得いかないリンダマンはYOHに突っかかり、遺恨が生じる。

更には、この試合では非常に気になる場面が一つ生まれます。

YOHがリンダマンにジャンピングニーパットからなんとシュバインを決める!

ここでシュバインを出してきた!?

シュバインは、言わずと知れたストロングハーツの大将 CIMAのオリジナルホールドです。

リンダマンも同じユニットであり、今年のNEW JAPAN CUPでのCIMAの快進撃は素晴らしいものがありました。

YOH自身もあえての謎かけとしてシュバインを出したことを明かしています。

これはCIMAへの対戦表明なのか?

それともYOH一流のクエスチョンであり遠まわし?にリンダマンが持つタイトルへの挑戦表明なのか?

いずれにせよ、両選手がここまで燃え上がったら鎮火することはないでしょう。

両選手の再戦は、SJTLの優勝決定戦か、全く別の舞台となるのかYOH注目!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました