web analytics

【新日本】IWGPタッグ王者が2試合目に登場。やはり主役は内藤&SANADA組か?

スポンサーリンク
2021BOSJ/WTL
スポンサーリンク

IWGPタッグ王者が二試合目登場は早過ぎる

岡山大会を迎える前は、トップの6勝2敗が5チームもひしめき合う、大混戦のWTL2021。

岡山以降、更なる星の潰し合いが始まり優勝決定戦に出る2チームが決まっていきます。

その中で、マッチメイクを見るとIWGPタッグ王者のタイチ&ザックセイバーJrがなんと、ヤングライオンの試合後の2試合目に登場。

正直、いくらなんでも出てくるの早すぎないかと思ってしまう。

対戦相手が永田裕志&タイガーマスクであり優勝戦線とは全く関係ないとはいえ、3試合目がトオルとヒロシ対鈴木&TAKAであるのもおかしな気がします。

対戦カードを見たところ、セミファイナルかセミ前に付けてもいいと思うのです。

この辺りに、IWGPタッグ王者を軽視してる、新日本は内藤哲也&SANADAを主役に据えているというタイチの言い分が分かります。

試合は、終盤、ザックが永田をコブラツイストで捉えると、タイチはタイガーにトドメのブラックメフィストの体勢に入る。

タイガーは切り抜けるも、タイチは聖帝十字陵(ストレッチプラム)で捕獲し7勝目(11分48秒)

新日本プロレスリング株式会社 on Twitter
“★第2試合 「WORLD TAG LEAGUE 2021」公式戦 永田&タイガー vs タイチ&ザック タイチの聖帝十字陵で決着! IWGPタッグ王者チームが14点へ一番乗り! ※12.7『WORLD TAG & SUPER Jr.』岡山大会 新日本プロレスのスマホサイトで詳報中! #njpw #njwt...

バックステージでは、タイチがタッグリーグに出たタイガーマスクを、ザックが次戦であたる本間朋晃をこれでもか!とばかりの放言三昧です。

永田&タイガーと真壁&本間は共に1勝8敗と何を言われても仕方のない戦績です。

両チーム共に優勝は完全に無いだけに、記憶に残る試合を一つでものこして欲しい所です。

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました