web analytics

中嶋勝彦の強烈な張り手がわるいのか?小峠は再評価されていい!!

NOAH
スポンサーリンク

ちゃんとプロレスしようぜ

CYBER FIGHT FESTIVAL2022は、大きな試合ととんでもない話題と余韻を残します。

その一つがNOAHの中嶋勝彦の強烈すぎる張り手によって失神KOされた遠藤哲哉を含めた対抗戦です。

 

その後、脳震盪の診断により、ホームであるDDTの試合を大事を取って欠場。

更には、竹下幸之介から奪取したKO-D無差別級ベルトに返上の意志を示し、認められたのは驚きました。

 

遠藤が中嶋にエルボーを連打した後、張り手がカウンター気味に入った様で更に威力が倍増したように思えます。

秋山はこの対抗戦前から、中嶋のガチ張り手を警戒してましたが、図らずもそれが最悪とも言える形で実現してしまいます。

秋山の試合後の中嶋勝彦批判は、その危険とも言える張り手に対しての警鐘と、DDTの王者である遠藤への弁明、フォローに感じます。

 

秋山は試合後に、「プロレスしようぜ」と言っていましたが、不思議な言い回しです。

勿論、意味合いは伝わってきますが、対抗戦なんだからこういうこともあり得るとしか言いようがないのではないか。

それに大事故が起きると、多くを当てはめようとする傾向がありますが、大谷晋二郎選手との出来事とは違うでしょう。

お互いに充分な練習をして、ベストコンディションで望んでる訳だから背景が先ず違います。

しかし、秋山準程の選手があそこまで言い訳であり、またやるぞ!と言わない訳ですからかなり深い意味があるのでしょう。

意識朦朧の中、張り返した小峠の意地

この問題というか出来事はまだまだ後に引きそうですが、二つ言えることがあります。

一つは、中嶋勝彦がそれ一発で決まっても観客を納得させる武器を手に入れたこと。

勝彦は張り手だけじゃなく、凄まじいキックも定評があります。

内藤哲也はこれまで受けてきたキック、蹴りの中で最上級クラスと言ってるので、元々の攻撃力自体、スカウターで測れません!?

そして、記者会見で、あの強烈過ぎる張り手を受け、意識を失いかけながら、やり返した小峠篤司!

会見を見た後は、小峠どうした!って気持でした。

しかし、それだけ強烈な一発であることが今回、証明された訳ですから、小峠は再評価される気がします。

 

ファニーで楽しいだけじゃない、秋山準とシリアスに向かおうとした小峠がそこにはいました。

会場のファンや試合に出場した他のレスラーは物足りなかったかもしれません。

しかし、プロレスが持つ、大いに語れる試合となった様な気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました