web analytics

聖闘士星矢 冥王神話 11巻 感想 遂に,やっと蛇夫宮復活!?

聖闘士星矢 冥王神話
スポンサーリンク

個性的な黄金聖闘士が二人登場

11巻には、新顔のゴールド聖闘士が二人、登場します。

一人がスコーピオン(さそり座)の黄金聖闘士・エカルラート。

現代の、スコーピオンのミロと同じく、スカーレット・ニードルをフィニッシュ・ブローとする。

 

そして、もう一人が、サジタリアス(射手座)の黄金聖闘士のゲシュタルト。

現代では、逆賊とされながらも赤子だったアテナ・城戸沙織を守り通した偉大なアイオロス。

 

アイオロスは死して尚、後継者たるペガサス星矢ら、青銅聖闘士から黄金聖闘士迄を見守り続けてます。

しかし! 前時代のサジタリアスのゲシュタルトは、悲しみはようは分かるが、なかなかどうして変わった黄金聖闘士です(笑)

 

キグナス氷河は、ゲシュタルトを見て、人の振り見て我が振り直せを思い知らされたかもしれません。

いよいよか、オデッセウスの復活!

オピュクス(蛇遣座)のオデッセウスの復活が、前巻辺りから都度言われております。

11巻では、オデッセウスに直接の恩義がある、エカルラートとゲシュタルトがオデッセウスの神懸かりなエピソードを話します。

この巻では、ドラゴン紫龍とキグナス氷河の二人に大きな見せ場があります。

紫龍は、スコーピオンの黄金聖闘士と戦う、ある意味で夢の対決であり、老師の形見である杖が大活躍します。

 

氷河は、宝瓶宮で少女のアテナを託されてから、カプリコーンの以蔵、サジタリアスのゲシュタルトと交戦。

沙織を守りながら戦う、難しい使命をアテナの聖闘士として、星矢の分まで立派に果たしてます。

 

そして、天蠍宮と人馬宮の間に、遂に、あの伝説の蛇夫宮が出現した!と思ったらページが終わります(笑)

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました