web analytics

キン肉マン 週プレ 338話 知性のマンモス! フェイバリット全開!

キン肉マン 週プレ連載
スポンサーリンク

キン肉マン 338話:実力伯仲!牙対角!

アイス・ロック・ジャイロで凍結させ、リング下の燃え盛る炎へぶん投げたマンモスマン!

だが、コーカサスマンも自慢のクエルノブレードで脱出。その欠片をマンモスマンにぶつける。

 

しかし、マンモスマンもそれらをものともせずに、7000万パワーを超える超人強度を活かしたパワフルな攻撃と体格差を活かし、カナダの楓超人を思わせる、

カナディアン・バックブリーカーを決めて見せる。

知性と獣性を持ち合わせるマンモスマン。パワー勝負では完全に上です。


コーカサスマンも技を返し、お互いが持つ最も強力で信頼できる牙と角をぶつけ合う。

その攻防は、全くの互角!であり、互いを認め合う発言をし始まる。

 

マンモスマン「さすが神様やるじゃねえか!」

コーカサスマン「なかなか機転を効かせてくるな。」

先週では、動物ヤロー、昆虫もどきが!と言い合ってました(笑)

ウォーズマンを屠った技を繰り出す!

マンモスマンは、出し惜しみなく、ビッグタスクドリル発動!

二本の牙を旋回させて、再度、コーカサスマンの胸部の鎧を穿ちます。

しかし、鎧を貫くことは出来ずに、えぇいみたいな感じで、場外の奈落へコーカサスマンを放り出す。

しかし、カブトムシを自認した(笑)コーカサスマン。

リングを支える鉄柱を使って、ガサガサガサとなれた感じでリングに生還。

得意の角攻撃でマンモスマンを流血させる。

 

この時の、リングへと昇っていくコーカサスマンの画と擬音がなんとも微笑ましく、ここは一度,ご覧いただきたい(笑)

コーカサスマン、何故か、邪悪神(超神)には見えません。

牙か角か? ビッグタスクか! クエルノブレードか!

ここまでに至る攻防で互いのイチバンを理解する両者。

ならばと、己のフェイバリットを真っ向からぶつけ合う。

 

ビッグタスクウィズ・ノーズフェンシング・・・二本の牙と伸ばすと牙より長い鼻。

スリートップ・クエルノブレード・・・三本からなるとても頑丈な角

 

パゴー~ッと、マンモスマンが打ち勝ったと思いきや、なんとコーカサスマンは、マンモスマンの自慢の長い鼻に角を一本、突っ込み、遠心力を使ってマンモスマンの巨体を宙に放りあげる。

そして、強力なフェイバリット、ビッグ・クエルノタービンを豪快に叩きこむ!

次回・・・自慢の牙か角、折られた方が負けか!?

いよいよ昆虫の王様・コーカサスマンにエンジンが掛かってきました。


受けるだけ受けて、反撃するあたりある意味で余裕の戦いぶりを見せます。

ンモスマンも繰り出すフェイバリットが悉く破られてしまう苦しい展開。

慌ててはいませんが、果たして逆転の策はあるのか!?

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました