web analytics

【キン肉マン】75巻 感想 実力伯仲!牙vs角!!

キン肉マン 単行本,図鑑他
スポンサーリンク

知性チームが生死を懸けて超神に挑む

正義超人2軍から始まり、運命の王子登場!の後、現れたのが、オメガマン・ディクシアを除いたフェニックスチームのメンバーが集結!

死闘の末、プリズマンは初の超神打倒(バイコーン)を果たすも、サタンクロスことサムソンティーチャーは、敗北を喫す。

週プレ連載時のサムソンと教え子のアシュラマンの再会のシーンはグッときました。

アシュラマンの涙三面は目もキラキラな(笑)泣き顔だけに、こちらも泣けてくる。

 

そして、バファローマンとザ・ニンジャも駆けつけ、キン肉マンチームよりも人気がある(笑)ソルジャーキャプテンを中心に超人血盟軍が集結!!

この時のエピソードも秀逸ですが、とにかく画力が素晴らしいから、もう圧倒されます!

 

そして、知性チームの大トリとして、20世紀極悪三大超人の一人と言われたマンモスマンが登場!

マンモスマンは究極の超人タッグトーナメントでも大活躍してるだけに、ファンも多く、何より圧倒的な迫力があります。

それだけに相手のコーカサスマンがやたらと小さく見えてしまう(笑)

 

両選手共に互いの強さを称える等、コーカサスマンは、これ迄の超神の中ではおそらく一番、人格できてます。

しかし、たまに動きがカブトムシというより、ゴ〇〇リにも見えてしまう(笑)

ですが、マンモスマンをKO寸前まで追い込む強さはホンモノです。

真剣勝負の醍醐味~英国の鉄仮面が復活か

この試合の冒頭から、あの仮面の紳士超人の影がチラホラと見え隠れしてるので、気になって仕方ない(笑)

大ピンチから、マンモスマンが友情パワーに目覚め驚異的なパワーを発揮する!

パワーだけじゃなく、知性もあるマンモスマンの面目躍如であり、新たな一面を見せる。

 

そしてマンモスマンとかつて真剣勝負をした元正義超人リーダーが復活したかの様な場面が!?

次戦では、犬猿の仲と言えるスーパーフェニックスとビッグボディが、前代未聞のタッグ結成!

運命の王子らがタッグを組むこと自体、驚くのにまさかの二人が手を組み、超神に挑む。

その相手の超神は、イデアマンととザ・ノトーリアスのマイティ・ハーキュリーズ!

 

風貌によるところが大きいですが、古の名タッグチーム、スカルボーズ&デビルマジシャンを彷彿とさせます。

イデアマンがチームリーダーのスカルボーズ、ノトーリアスがそれに従うデビル・マジシャンに見えるあたり、キン肉マンの読み過ぎかも(笑)

 

しかしながら、これまた強く、ゴッド・セレクテッドと名付けられたフェニックス&ビッグボディが手も足もでない!

このまま二人は仲違いしたまま、チームワークも発揮できずに負けてしまうのか?

キン肉マンとミート君が試合に駆け付けた中、果たして?76巻に要注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました