web analytics

饒舌なSANADAがIWGPUSヘビーに標準!”プロレス界を未だ見ぬ世界へ連れて行く”

L.I.J
スポンサーリンク

新日本50周年はSANADA攻めます

2.19北海きたえーる大会で、SANADAが久々にシングル王座に挑戦。

王者 棚橋弘至が持つ、IWGPUSヘビー級に挑みます。

バックステージで同じロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也や鷹木信悟が熱のこもったコメントを残しても、ひたすらにノーコメントの多いSANADA(笑)

しかし、今年のSANADAは1月5日に、今年は違うと思わせるコメントを発します。

SANADA

・・・あと1月8日、横浜アリーナ。

みんな知ってるか分かんないですけど、対戦相手に親近感沸く相手がいるので楽しみです。

あと新日本プロレス50周年、今年、SANADA攻めます(抜粋)

引用:新日本プロレス公式サイト

対抗戦の相手になる征矢学に関して、そして2022年は攻めていくと発言。

その第一歩が棚橋弘至が逆指名を受けたUSヘビー級となりそうです。

棚橋自身が追い求めるクラシカルな、タクティクスなレスリングをSANADAとなら出来るだろうと挑戦者に指名。

新春黄金シリーズ開幕戦では、6人タッグに関わらず、棚橋とSANADAは5分近く、タッチもせずに、互いの技術、プロレステクニックをぶつけていき、派手さはなくても、見応えある攻防を繰り広げます。

この一戦は、非常に楽しみであり、どちらが勝利するか分かりません。

棚橋がここで負けて初防衛に失敗すれば、USを逸材色に染める道の始まりでまたもや頓挫。

SANADAが負ければ、寡黙な男が宣言したのにいきなりチャンスが潰えます。

219 きたえーる IWGP USヘビー級 棚橋弘至vsSANADA

この試合に勝利した方が、IWGPUSヘビーに新たな輝きを放つ様な気がします。

そして感染急拡大の状況下、両選手も含め、これ以上選手内に感染者が出ないことを願いつつ、最終戦まで辿り着く(2月20日)ことを願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました