web analytics

内藤哲也に,鷹木信悟も来た! 高橋ヒロム BOSJ圧巻の2連覇!!

BOSJ/JTL
スポンサーリンク

LIJの先輩の前でヒロムがBOSJ2連覇!

高橋ヒロムがずっと言い続けた通り、熱狂と興奮と期待値でBOSJ28優勝決定戦がダブルメインイベントのラストを飾る。

2連覇を狙う高橋ヒロムと4連敗からの7連勝で駆け上がったYOHの覇者決定戦。

激闘の最中、試合ぶち壊しのキラーSHOが試合に介入し、両選手に強烈なダブルアーム式パイルドライバーを見舞い、レフェリーにノーコンテストを促す。

WTL優勝戦に出てこないと思ったらBOSJ優勝戦破壊に狙いを定めていたSHO。

しかし、SHOを追い払うべく、ケイオスから試合を終えたばかりにの後藤とYOSHI-HASHI。

そして、ロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポンからは、内藤と鷹木が応援に駆け付けるという両陣営から頼もし過ぎる先輩たちが二人を鼓舞する。

YOHも感情をむき出しにしてヒロムに向かっていき、ヒロムの真っ向から受け止めては返していく。

35分を超える激闘を、ヒロムのTIME BOMBⅡが終止符を打つ(38分30秒)

大混戦のBEST OF THE SUPERJr28を制し、王者 エル・デスペラードに宣戦布告。

試合後は、リング上でもバックステージでもヒロムに乾杯しつつも、絡みまくってくるアニキが二人(笑)

この二人のテンション相手にしては損なので、SANADAは出てこないでよかった(笑)

オスプレイや対抗戦等の色んな問題や話題がある中で、ヒロムは自信を持って、新日ジュニアは最高だ。

新日本プロレスは最高だと胸を張る。

そして、史上最高のBOSJを制した高橋ヒロムは、IWGPジュニアヘビーを奪還すべく、東京ドームへ全速力で歩を進めた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました