web analytics

IWGPJrタッグ4WAY変更で大波乱の予感!カギは田口監督か!?

新日本
スポンサーリンク

通常のタッグ選手権のハズがまさかの・・・

当初は、2.19札幌でIWGPJrタッグ王者のフライングタイガーこと、4代目タイガーマスクとロビー・イーグルスに、石森太二とエル・ファンタズモが挑戦する予定でした。

しかし、どうしても第69代タッグ王者になりたい(笑)田口監督は、ワトを引き連れて、SANADAも唸る頭脳を使って、挑戦をアピール!

田口監督(213大阪)

東京ドームで反則退場したチームが何でまたベルトに挑戦するんですか?

おかしくないですか?しばらく挑戦剥奪が妥当じゃないですか。

べつにボクは次69代だからとかいうことで挑戦したいって言ってるんじゃないです。

69 thとかじゃないから。そういうことじゃないの。

本隊同士で6or9と熱い試合しようじゃないですか(抜粋)

引用:新日本プロレス公式サイト

これで3WAYかと思ったら、更には実力はのエル・デスペラード&金丸義信も乱入し挑戦アピール!

金丸 “オイ、ちょっと待て!俺とデスペラード、2人いるのも忘れるなよ。

オイ、チャンピオン。こんなインチキくせぇヤツとやるよりよ、俺ら二人とやれよ”

ある意味で真っ当な意見(笑)

ここで、ロビーが漢気を見せたか、面倒くさくなったのか?3チームまとめて相手してやると宣言し、なんとIWGPJrタッグ4WAYマッチが電撃決定!?

この流れの外にある唯一のチームの動向は?

各タイトルの現王者は誰かはすぐに分かりますが、第何代までは先ず直ぐには出てきません。

しかし、田口のおかげ?で、現ジュニアタッグ王者は68代なんだと分かります(笑)

なので、この流れに田口組が出てくるのは分かりますが、鈴木軍コンビまで出てきたのは意外でした。

正直、この後に挑戦表明すれば、おそらく選ばれた筈なのに、出てきたのは2.19大会のテコ入れなのか?

もしくは、田口組なんかに王者にさせねぇ!という横やりなのか?

深読みすれば、NOAHジュニアに対する対抗意識にも見て取れます。

いずれにせよ、選手権の行方が全く読めなくなります。

そして、この流れに高橋ヒロムとBUSHIは乗っかってきません。

BOSJ2連覇のヒロムの実績からすれば、間違いなくタッグもいけるハズですが、今は様子見なのか?

棚橋の、IWGPUS”ヒロム次期挑戦者”発言も頭に入っているのか?

更には、内藤哲也がIWGP世界ヘビー級王者になれば、旗揚げ記念日での一騎打ちも有り得るだけに、そこに照準を合わせているのか?非常に気になるところであります。

全てのコーナーにタッグチームが控えている4WAYタッグ、どのような展開になり、どのチームが王者としてリングを後にするのか、何と言っても意気込みだけは田口が絶対なハズだけに要注目です!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました