web analytics

デスティーノを出さない内藤哲也の謎かけ?NJC制覇の法則も継続中!

NJC2022
スポンサーリンク

デスティーノを敢えて出さないのか?

最大トーナメント NEW JAPAN CUPも選ばれた4人に絞られます。

3.26大坂城ホールで、内藤哲也vsオカダカズチカ、鷹木信悟vザック・セイバーJrの準決勝が行われます。

この4選手を見て、意外に思われる方も少ないでしょうし、寧ろ、意外性ゼロ(笑)とも言える顔ぶれです。

全員が注目選手ですが、やはり制御不能な内藤哲也に特に注目してます。

その理由として、1回戦~準々決勝迄、計4試合のフィニッシュに何と、一度もデスティーノを使用していません。

1回戦 対高橋裕二郎 ジャックナイフ式エビ固め

2回戦 対外道 ボルボ・デ・エストレージャ

3回戦 対棚橋弘至 ジャックナイフ式エビ固め

準々決勝 対ジェフ・コブ エビ固め

2回戦の外道は、出すまでもないにせよ、強敵のジェフ・コブ、まして初めてデスティーノを出した相手である逸材にさえ出していません。

敢えて、前回の負傷欠場の引き金ともなっただけにデスティーノを温存しているのか?

デスティーノ以外で試合を決めたい、内藤の現在のトレンドなのか?

それとも、コンディション的に出せないのか?

これは内藤哲也流の謎かけかもしれませんが、個人的にはなりふり構わず勝利を欲している様にも見えます。

2.20きたえーるのIWGP世界ヘビー王座戦で、オカダカズチカに敗北。

自身が目指す東京ドームのメインに返り咲く目標の最後尾になってしまったと話します。

それだけに、デスティーノという最高の勝ち方に拘らず、NJC優勝という最高の勲章を得ることで、一気に最前列に立つ!という意気込みにも見えます。

掟破りのデスティーノ!? オカダカズチカは強かった! 内藤からIWGPヘビー防衛!!
新春黄金シリーズのロングシリーズの正真正銘最後の試合であり最高のタイトルマッチを、オカダカズチカと内藤哲也が40周年に続いて雌雄を決する!!こんなに楽しみな試合もそうはないだけに、ノートランキーロ、あせってしまう!?

2.20はオカダにバレンティアにいくところをまさかのデスティーノで返されただけに!決勝戦に進出、優勝するために、準決勝のオカダ戦、勝ち方に拘らない内藤哲也を見る気がします。

そして、内藤哲也が掲げるNJC制覇の法則(1回戦敗退か優勝か)は現在も継続中。

その答えは、3.26大坂城ホール、トランキーロ!焦らずに注目です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました