web analytics

グレートムタ 魔界に還る・・・武藤敬司は最後の東京ドームへ

武藤敬司引退
スポンサーリンク

魔界ワールドのフィナーレ

2023年1月22日 in 横浜アリーナ

グレートムタが長きに渡る地上のリングから魔界に戻る時がやってきた。

 

ペイントした丸藤正道に、久し振り過ぎる歌舞伎スタイルのAKIRA。

そして、WWE(WWF)を震撼させた白使が白装束の使い?を従えて入場。

 

今回、初来日となったダービー・アリンは、怪奇派の雰囲気を持ちつつ、スケボーで滑走しながら入場と期待感が高まる。

ザ・アメリカンレスラー!のVTRから、ギミックチェンジした現在のスティング入場。

ムタの引退に駆け付けたダディ グレートカブキも往年のヌンチャク捌きに元祖毒霧を見せる。

 

そして、魔界の住人であり王であり、世界一のオリエンタルレスラー グレートムタ最後の入場。

ムタの入場が素晴らしく格好良すぎて、武藤曰く、ムタは入場だけ(笑)みたいな事を言われることもあったがその入場が見れるのも今回がラスト。

ムタサイドは、それぞれに見せ場を作り、バランスよく活躍した感があった。

ダービー・アリンは事前情報もそれ程無かったが、非常に面白い存在に見えた。

両チームで一番若い選手同士となる丸藤正道との攻防は見応えがあり、6選手の中では、一番の未来、これからの選手でしょう。

 

AKIRAも往年の野上彰を思わせるムササビプレスを見せる等、躍動!

オリエンタルテイストなのに、入場曲がBON JOVIの “TOKYO ROAD”で、曲調とキャラクターが合わな過ぎる感(笑)

 

しかし、相手チームは白使の存在感に尽きる!と言っても過言では無いぐらいのやられっぷり!

ムタは過去、東京ドームで白使と激闘を演じたムーブを再現しようと、卒塔婆を折り、流血させて、首絞めてと魔界殺法の扉を全開。

この日は、ムーンサルトプレスやるやるムーブは一回もなし(笑)

ラストは、ダービーとスティングがお膳立てをして、最後のシャイニングウィザード(閃光魔術)を白使に叩き込んでフィニッシュ。

叩き折った卒塔婆が伏線となり、白使の血文字で「完」と書き、BYE-BYE MUTAを思わせる。

 

試合へのカタルシスは、中邑真輔戦で終わっていたと思う。

しかし、グレートムタの横に盟友スティング、そして怪奇派の後輩であり未来とも言えるダービー・アリンがいたことは良かった。

 

グレートムタが花道を下がっていく先に見える赤と白のスモークが魔界に還る様で、幻想的だった。

武藤敬司のもう一つの顔である「ザ・グレートムタ」は最後迄、独自の世界観を構築し引退。

そして、武藤敬司だけとなった不世出の天才は、制御不能なカリスマ 内藤哲也戦で2月21日東京ドームで引退する・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました