web analytics

みのるとヒロムの危な過ぎる遭遇!NJC2回戦タダで済みそうにない!?

鈴木軍
スポンサーリンク

混ぜたら危険!前哨戦でピーク越えてる!?

NEW JAPAN CUP2回戦の中では最も注目度の高いと言える、鈴木みのるvs高橋ヒロム戦が、3.13尼崎大会のメインで行われます。

ヒロムは1回戦の相手であるSHOを飛び越して、怨敵とも言える鈴木みのる戦を見据えてました。

解説のミラノコレクションAT情報では、ヒロムはヤングライオン時代に散々、鈴木にコケにされたようです。

鈴木のヤングライオン狩りは、時代時代でやっており、現在も続いていますが、その相手が1人前として戻ってきた時に更に刈り取るという鈴木式農業?言えます。

しかし、ヒロムが黙って鈴木の思惑通りにいくような選手でないことは、LIJのメンバーもファンも知ってます。

鈴木みのるの入場のハイライト “風になれ!”のリングインをなんとぶっ壊し!仕掛けます。

LIJと鈴木軍の見所多しの8人タッグ戦ですが、鈴木とヒロムは試合そっちのけで明日の公式戦を控えて、やり合うが、とても前哨戦とは言えない様な火花散りまくります。

両選手は、場外、リング、試合後、そしてバックステージに戻ってきても激しくやり合う。

中々、バックステージ迄はもつれ合うことは無いだけにいかに互いが煮え滾っているのかがダイレクトに伝わってくる。

鈴木みのる

オイ、オイ、小僧! なんだよ、ちょっとは強くなったんじゃねぇのか、小僧?

オイ、この小僧。

・・・お前の都合でな、俺との、鈴木みのるとの思い出はイヤな思い出?

なんでか教えてやろうか。貴様が弱いからだ。

フヘヘッ。恨むなら、テメェの弱さを恨め・・・(抜粋)

引用:新日本プロレス公式サイト

ヒロムを足蹴にした鈴木が去った後に茫然自失の様な顔でヒロムがコメント。

“言いたいことは・・・全部・・・明日だ・・・”

感情を、言葉を後回しにしないヒロムが話さないとは、それだけ鬼気迫るものを感じます。

ジュニアがヘビーと対戦すると、どうしても挑む感じがありますが、”本気で向かってこいよ、叩き潰してやる!!” と思わせる鈴木みのるのプロレス王たる感覚に凄みを覚えます。

どちらが勝つのか?で予想が付かないハラハラドキドキ感とは違う感覚。

この試合、一体どうなってしまうのか?というハラハラする感覚はそうそうあるものじゃないだけに、鈴木みのる対高橋ヒロムのNJC2回戦に大注目です!?

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました