web analytics

旗揚げ記念日 LIJでもGBHでもない!主役は越中詩郎でしょ!!

新日本
スポンサーリンク

旗揚げ記念日やってやるって!!

新日本プロレス創立50周年 3.1旗揚げ記念日 in 日本武道館

全カード、見れば見る程、往年のファンは引き込まれますが、メインイベント以外ではこの10人タッグも大注目の試合ではないでしょうか。

内藤哲也・鷹木信悟・SANADA・BUSHI・高橋ヒロム vs

越中詩郎・真壁刀義・石井智宏・矢野通・本間朋晃

元グレート・バッシュ・ヒールの5人が再結集し、人気実力共に最強のユニット ロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポンのフルメンバーと相対する。

正直、勝敗という部分では、余程のことが無い限りLIJの勝ちは動かないでしょう。

イッテンハチで金剛との全面対抗戦に勝利したのに、ここで負けるとはどう見ても考えずらいです。

しかし、プロレスを勝敗のみで評価する、面白いというファンは先ずいないので、この試合の大きな見所は、何と言っても、侍・ド演歌ファイター越中詩郎でしょう!

越中以外のメンバーが組んだとしても別にそんなに驚くこともないですが、越中一人が入っただけで、大いにテンションが上がります。

最近はそれ自体を超越している感がありますが、LIJは元々は反体ユニットです。

そして、越中も、反選手会同盟~平成維震軍と常に反体制で闘ってきただけに、ある意味、内藤やLIJの先輩とも言えます。

元をたどれば、全日本プロレスから新日本プロレスに移籍する経緯からしても、初めから一人反選手会同盟が如く、荒波を駆け抜けてきたサムライです。

そして、BOSJの全身であるTOP・OF・THE・SUPERJrの初代優勝者だけに、現新日ジュニアのトップである高橋ヒロムやBUSHIとの対決も楽しみであります。

そして、熱すぎる漢・鷹木信悟と越中詩郎の対決は、鷹木が、永田や小島、真壁と相対する時と同じくらいの熱量が見られるはずです。

越中詩郎のジャンピング・ヒップアタックに、パワーボム、”やってやるって!!”サムライ魂に要注目です!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました