web analytics

【新日本】こけし決めた!真壁,本間 初勝利!ここから全勝!!

スポンサーリンク
2021BOSJ/WTL
スポンサーリンク

全敗同士の対戦はGBHに軍配が上がる

本間朋晃、真壁刀義組、TAKAみちのく、鈴木みのる組は、WTL、共に全敗と屈辱の最下位にあえいでます。

鈴木組に関しては、TAKAがおよそ2年ぶりとなる日本の最高位団体、新日本プロレスに上がるため、この状況は止む無しとも思えるし、プロレスの持ち味でもある話題提供、因縁や絆の部分では大いに盛り上げています。

しかし、真壁組は過去に2度の優勝経験があるにも関わらず、不甲斐ない成績となっている。

真壁は今年の前半は欠場してますが、本間は試合が組まれることが無い時期もありましたが、コンスタントに出場しているだけにチームとしての屈辱度はGBHでしょう。

その両チームだけに、余計にコイツらには負けられない!というものがあるでしょう。

鈴木軍はゴング前から奇襲をかけるも、GBHも真っ向から応戦し後れを取らず。

TAKAも試合後のバックステージには今にも倒れそうなくらいに青息吐息で戻ってきますが、それだけ充実しているのでしょう。

TAKAはジャスト・フェイスロックで本間を捕獲するも切り抜ける。

最後は、セカンドロープからの”こけし”で念願のリーグ戦初勝利(10分11秒)

本間朋晃

(TAKA,鈴木組)ただ、アイツらやっぱり、簡単に勝たせてくれる相手じゃなくて、あー首痛ぇけど、こけし、開幕戦、何とか勝つことができました!

これから全勝して、優勝、優勝だ(抜粋)

出典引用:新日本プロレス公式サイト

初日が出るのと、出ないのではものすごく違うでしょう。

https://twitter.com/njpw1972/status/1466372042534490116

優勝宣言はともかく、ここから上位陣に土を付けて、面白くしていくGBHの二人に期待です。

しかし、本間の黒さは半端なく、田中将斗と本間朋晃は日本人プロレスラーの中でもツートップと言えるほどに真っ黒です(笑)

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました