web analytics

寅年は4代目タイガーマスク!闘虎の決意で燃え上がる!!

新日本
スポンサーリンク

2022年はタイガーと名の付くレスラーの年!

2022年の干支は寅年だけに、女子プロレスならスターライト・キッド、佐山サトルの秘蔵っ子と言われる正体不明のタイガークイーン。

そして、何と言っても新日本プロレス・4代目タイガーマスクです。

初代タイガーマスクのスーパースター・佐山サトルから、2代目が三沢光晴、3代目が金本浩二。

私が知る限り、正体不明の4代目タイガーマスクと現在の虎の仮面は受け継がれています。

4代目タイガーは、2021年の後半から、ギアチェンジしてジュニアのトップ戦線に躍り出ます。

10月26日 後楽園ホールのメインで、タッグ王者の常連、金丸義信、エル・デスペラード組から、ロビー・イーグルスと組んで、約9年4カ月振りにIWGPJrタッグ王者に返り咲く!!

その後も、ジャスティス・永田裕志の正義の要請を受けて、ベスト・オブ・スーパー・ザ・スーパージュニアを辞退し、ワールドタッグリーグに出場!

成績は振るわなかったものの、タイガーマスクの覚悟と永田との絆を見ました。

そして、迎えた2022年、1月5日 東京ドーム。

3WAYという特殊な形式にも関わらず、しっかりとフライングタイガーは王座を防衛します。

田口監督がこれでもか!とこだわる第69代(笑)IWGPJrタイトル戴冠を阻んでます。

2.19 北海きたえーるで、エル・ファンタズモと石森太二の挑戦を受けますが、強敵ですがIWGPJrタッグを防衛し、今年はIWGPJrシングルにも挑んでもらいたい。

時のIWGPJrシングル王者は色々、言ってくるかもしれませんが大病も乗り越えた黄金の虎のタイガードリームにファンは期待しています。

2021年10.26王座戴冠後のタイガーマスクの熱き咆哮。

自分は去年、大腸の大きな病気をして、正直、レスラー生活終わりかと思いました。

実際に主治医の先生に無理だと言われました。

でも! 毎日毎日、道場で練習し、いろんな人から励まされて。後輩のレスラー、先輩のレスラー、みんなから励まされて、今日、このベルトを取ることができました!

正直、僕の師匠である初代タイガーマスク、佐山サトル先生も、具合が悪い状況で、“もう、タイガーマスクは終わった”“プロレスラーのタイガーマスクは終わりだ”と、いろんなところでそういう声を聞きました。

しかし! 俺は絶対に終わらない!

佐山サトルの魂をココ(胸をさして)に入れ、そして2002年に新日本に来て、俺はこの新日本プロレスで骨を埋める。絶対に俺はあきらめない!(抜粋)

引用:新日本プロレス公式サイト

開幕戦は、燃える闘魂を思わせる、赤い虎の仮面で登場。

燃える闘虎として、ボゴボコにしていくと発言。

新日本プロレス50周年に、不滅のヒーロー・タイガーマスクが燃え上がる!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました