web analytics

キン肉マン 週プレ 347話 フェニックス,三大奥義発動!

キン肉マン 週プレ連載
スポンサーリンク

第347話 インテリジェンス・モンスターの真価!

超神の至高のツープラトン・リアルツインDDTでマットに突き刺さるゴッドセレクテッド!

一方的な、劣勢のまま試合が終了してしまうのか?

 

しかし、なんとか、立ち上がろうとする二人の超人。

「もちろんだぜ・・こんなもんでくたばるかよバァーカ」

ビッグボディのキャラ設定がウルフマンみたいになってきた(笑)

もう少し、重厚などっしりとしたイメージだったのに、大きく変わってきました

一方で、絶対の自信を持っているツープラトンから立ち上がってくる超人を見て、理性の欠片も忘れて激高するイデアマン。

 

そんなイデアマンを見て、挑発を続ける知性のフェニックス。

フェニックスの中には既に、イデアマン攻略の糸口を見つけており、俄かの「肉のカーテン」を見せて、思考の時間を稼ごうとするがそうはイデアマンが猛攻。

 

意志の疎通ができ始めた二人なので、ビッグボディもフェニックスの考えを理解して、イデアマンの猛攻は俺が喰いとめると割って入る。

 

そして、先ほどまでとは違い、命令ではない、フェニックスの的確な”指示”を受け入れるビッグボディ。

再び、ノトーリアスからタッチを受けたイデアマンは、リング上で倒れているフェニックスにトドメを刺そうとするが、その時の心の緩みをフェニックスは見逃さず!

 

「お前の至高のその刻が、お前の警戒が唯一解かれる瞬間だーっ!!」

と最大のフェイバリット、マッスル・リベンジャーのセットアップに入る!

 

フェニックスは敢えてイデアマンとノトーリアスの攻撃を”受けて”この瞬間を狙っていました。

マッスル・リベンジャーが炸裂させて、イデアマンを仕留めることができるのか?

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました